学校からのお知らせ

・オンライン松高祭(オンライン文化祭)は終了いたしました。多くの方に御視聴いただき、ありがとうございました。

お祝い「陸上競技部」県新人大会 110mH 優勝 樋口 隼人(2年) 全国高校陸上競技大会出場

お祝い「新聞部」第24回 全国高校新聞年間紙面審査賞 団体 優良賞

お祝い「新聞部」第44回 全国高校総合文化祭新聞部門 団体 文化連盟賞

お祝い「生物部」第10回 高校生バイオサミット 審査員特別賞受賞 松本 陽彩(2年)宇津木 祐哉(2年)

お祝い「生物部」第10回 高校生バイオサミット 優秀賞受賞「マツカサガイの遺伝的多様性と種分化」

お祝い「剣道部」県学校総合体育大会 団体 Gブロック優勝(県ベスト8以上相当)

お祝い「書道部」第14回 全国高校生大作書道展 大作準大賞受賞「臨 灌頂歴名」小倉 和磨(3年) 

「ICT教育」にオンライン授業等についての日誌を作成しました。

・来校される場合は、必ず事務室にて受付をお願いします。また、マスク着用にご協力お願いします。

・スマートフォンの方は右上の[≡]をクリックするとメニューが現れます。

中学生・保護者の皆様へ(2020年10月21日更新)

・新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、学校案内(パンフレット)およびポスターで公表していたすべてのイベントについて、「日程や内容を変更」または「中止」とします。代替イベントは「学校説明会等の案内・申込」に掲載しています。

・2021年度入学生用の学校案内(パンフレット)が完成しました。

「R03年度入学者選抜基準」を掲載しました。

NEW「オンライン授業体験会」の申込受付を開始しました。

NEW「土曜オープンスクール③(11/7)」の申込受付を終了しました。お申し込みできなかった方にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。次回以降の参加をお願いします。

 ・「中学生向け公開動画」のページに以下の動画を追加しました。

NEW「生徒会による校内施設見学ツアー【生徒会長・副会長】」NEW「部活動について(R02第2回OL学校説明会録画)【ラグビー部・大八木】」NEW「OBから見た松高(R02第2回OL学校説明会録画)【HONDA・小山】」「OBから見た松高(R02第1回OL学校説明会録画)【東北大学1年・伊勢崎】」「松高の校訓と学校行事【生徒会】」「伝統校ゆえの本校の魅力【校長】」


その他の「中学生向け公開動画」はこちら

松高生の活躍(令和元年度)
新着情報
松高日誌

松高日誌

教育実習生

本日より、教育実習生による研究授業が始まりました。

教育実習生による研究授業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実習生の練りに練られた授業計画のもと、

生徒も、とても生き生きと授業を受けています。

 

例年通りのことがうまくいかない今年。

それは、高校生だけでなく、実習生のみなさんも同じでしょう。

その状況の中で、最大限にできることを実践しようとしている実習生の姿を、

生徒たちは確かに見ていると思います。

松高生も、自分の夢・目標に全力で突き進める人であってください。

ガンバレ!松高生!実習生!

科学探究Ⅰ 物理分野研究発表会

理数科1年生 科学探究Ⅰの物理分野で発表会を実施しました。

生徒たちは全国のSSH指定校の研究論文集や本校の先輩の研究から、興味を持ったものを選び、研究の内容と面白さ、自分ならその研究をどのように深めるかを他者に伝わるように発表しました。

 

 

 

生徒たちはお互いの発表をルーブリック評価で評価しあいました。

 

 

生徒の感想 黑瀨皓太朗(川越市立富士見中学校出身)

今回の授業では、今まで本校やSSH指定校で行われた研究について、パワーポイントやスライドを用いて個々人で口頭発表しました。発表内容はその研究の実験内容や結果だけで無く、興味を持った理由、自分ならどう発展させるのかまで踏まえて、聞いている人たちに対し、その研究を魅力的に、存分に味わってもらえるような口頭発表を各自繰り広げました。

評価項目はパワーポイントやスライドの出来と話術の2つからなり、判断基準に明確な定義をもって評価するのも理数科らしさの表れです。発表の中には予備校塾講師を思わせるようなインパクトのある話法を取り入れたプレゼンも多数あり、教科書や資料集以外からも学びを得る深い学びを体験、実践できた理数科らしい発表会になりました。

テストの「復習」

昨日でテストが終わりましたね。

皆さん、「テストの復習」はしましたか?

テストをやったら、やりっぱなしになっていませんか?

今週来週で、テスト返却がありますが、点数だけ見て終わりにするのではなく、自分の出来なかったところを中心に、もう一度振り返ってみてください。

結果も大事ですが、学習を定着させるためには「復習」をしっかりしましょう!

科学探究Ⅰ 化学分野研究発表

科学探究Ⅰ化学分野では過去2年分の松山高校SSH研究発表の要旨集やポスターを参考に、先行研究の結果を踏まえ、自分ならそれらの実験をどう発展、探究を進めるかをまとめて発表しました。

 

 

そして、お互いにルーブリックで評価しあいました。

 今後はグループ分けをして探究を進めていきます。

 

生徒の感想 小松蓮凰(小川町立西中学校出身)

今回の探究の授業では、先輩の行った研究を元に、さらに発展させた実験を自分で考えたり調べたりして、パワーポイントにまとめてプレゼンをしました。自分は、塩素酸カリウムと硫黄の量に着目したマッチの研究を元に、再燃可能なマッチやマッチがよく燃えるにはどうしたらよいのか考えプレゼンしました。初めての経験で早口になってしまったり、原稿を見てしまい、前を見ることが出来ませんでした。また、友達のプレゼンを聞いて、細かい実験内容や過程だけでなく、先輩がやった実験を活かし、発展させた実験内容だったので、とても参考になりました。今後、友達と共に研究していくことが楽しみになりました。そして内容はもちろん、伝えたいことをしっかり伝えられるようなプレゼンが出来るように成長していけるようにします。