松高生の活躍
中学生の方・教育関係者の方へお知らせ
 
令和6年度 入学許可候補者受験番号の掲載
3月1日(金)午前9時から3月4日(月)午後4時まで、
以下のURLに掲載します。
https://nr06.spec.ed.jp/

※ブラウザのお気に入りに発表用URLを追加してください。
※当日はアクセスが集中し表示に時間がかかる場合がございます。
この場合は、時間をあけ、再度アクセスしてください。
時間を空けても表示されない場合、ブラウザを更新することで
表示される場合があります。

※入学許可候補者説明会 3月18日 13時30分
※入学式         4月 8日 13時30分 開式
 
↓像制作部制作の松高PR動画ができました!↓

 

★今年度の学校説明会は終了しましたが、学校見学等を御希望の方は、本校教頭へ御連絡ください。

★SSH第3期採択されました  詳細は「文部科学省ホームページ」「SSH第Ⅲ期」をご覧ください。

松山高等学校
在校生・保護者・一般の方へお知らせ
 
松山高等学校

 ↑ 映像制作部がライブ配信を担当しました ↑



 NEW「卒業生の活躍」ページに猪俣 敦夫さん(大阪大学教授)を追加しました。 

お祝い「新聞部」全国高校総合文化祭 最優秀賞!(全国1位)

お祝い令和5年度 関東大会出場!

「スキー部」 「卓球部」 「陸上競技部」「ソフトテニス部」「空手道部」 「山岳部」

お祝い令和5年度 全国大会出場!

「スキー部」 「陸上競技部」「ソフトテニス部」 「映像制作部」 「新聞部」 「書道部」 「物理部」 

NEW1学年の「総合的な探究の時間」で作成したCM動画を追加しました。【総探のページへ】

新着情報
松高日誌

松高日誌(令和5年度)

【新聞部】SAKANA&JAPAN FESTIVAL(魚ジャパンフェス)!

SAKANA&JAPAN FESTIVAL2023 in お台場

2月22日~25日、東京・代々木公園にて
全国各地の魚介グルメが堪能できる「SAKANA&JAPAN FESTIVAL2024(魚ジャパンフェス) in 代々木公園」が開催されます。

新聞部は、昨年の11月23日、東京・ お台場で開催された同フェスの取材(松山高校新聞・353号) させていただきました。

東日本大震災からの復興応援を目的に、「常磐もの」 と呼ばれる福島県産の魚介を使った料理が味わえる「発見! ふくしまお魚まつり」も同時開催。

顧問にとっても指折りの思い出です。
最高においしい・楽しいイベントなので、 ぜひ注目してみてください!

追記:下記の「【日誌】松高のバレンタインは・・・」が、胸キュンすぎるので見てください!

#青春のギフト009

■新聞部のページもよろしくお願いします!
https://matsuyama-h.spec.ed. jp/ 072a1b32215167fd4f57c5caf0ecbc 23

【日誌】松高のバレンタインは・・・

1年生のある生徒が

クラスの皆にチョコレートを配っていました!

1年のあるクラスに授業に行ったところ

机の上にこちらのチョコレートが・・・

(・・・松高のオリジナル商品・・・?)

「これどうしたの?」と聞いたところ

「作ったんです!先生もどうぞ!!」

ということで1ついただきました✨

 

自分でパッケージを作って、包んで

なんとクラス全員にプレゼントしていましたハート

松高愛を感じますね・・・

職員室で先生方にお見せしたところ

大盛り上がりでした!

この発想はなかった・・・

 

松高生の発想力に驚かされます。

とても楽しいバレンタインでした!

【新聞部】「野菜旨煮そば」販売!

開発商品完成報告会@餃子の王将 ヤオコー東松山店

2月9日、餃子の王将 ヤオコー東松山店で、東松山市まち・ひと・ しごと創生に関する五者協定に基づく開発商品完成報告会が行われ ました。

餃子の王将が、東松山市、日本薬科大学、松山女子高校、 松山高校と協力して考案した「野菜旨煮そば」がついに完成!
実は、松山高校からは新聞部の生徒が関わっていました。

開発された「野菜旨煮そば」は「餃子の王将 ヤオコー東松山店」限定で3月末まで販売しています。

元気になるので、ぜひお買い求めください!!

#青春のギフト008

■新聞部のページもよろしくお願いします!
https://matsuyama-h.spec.ed. jp/ 072a1b32215167fd4f57c5caf0ecbc 23

【SS生物】クロマトグラフィーによる光合成色素の分離実験

2年生のSS生物の授業で、クロマトグラフィーによる光合成色素の分離実験を行いました。

生徒の感想  (2年3組 本郷駿  川越市立名細中学校出身)

 今回は、光合成色素の抽出と分離を行い、それぞれの生物が持つ色素の種類を確認することを目的として実験をしました。ホウレンソウ(種子植物)、アオサ(緑藻類)、ワカメ(褐藻類)、イワノリ(紅藻類)、スピルリナ(シアノバクテリア)に、それぞれアセトンを入れた後、TLCシート、展開溶液を用いて観察をしました。結果として様々な光合成色素を5つの生物から確認することができ、面白かったです。私はこの実験で、色々な光合成色素で吸収しにくい光を補い合って吸収しているのだなと考えました。これからも深く考えて学習していきたいです。

 

まず、光合成色素の分離実験

試料はホウレンソウ・アオサ・乾燥ワカメ・イワノリ・スピルリナです。

資料集を見ながら、それぞれの試料に含まれる光合成色素を予想します。

試料はそれぞれをグラインダーにかけ、粉々にしてマイクロチューブに入れたものにアセトンを加えよく振り、色素を抽出します。

静置した後、TLCシート(アルミシートに細かいシリカゲルが塗ってあります)にガラス細管で色素液をスポット(しみこませる)していきます。ある程度の色の濃さになったら、展開溶媒が入っている容器に入れ、観察します。

展開液がTLCシートの終線まで、上昇したら、取り出して、それぞれを見比べ、各試料で分離できた光合成色素を確認します。

 

光合成色素の光吸収の実験

スピルリナの粉末を、エタノールと水に溶かし、ろ過します。

△(左)エタノールで抽出したもの(右)水で抽出したもの

それぞれ抽出した色素に光を当てて観察します。反射光と透過光が確認できます。

【日誌】応援団の雪だるま

先週の話になりますが、関東地方に雪が降った日に、応援団が中庭に雪だるまを作っていました。

この手の振りは、応援の際のポーズでしょうね。

大学受験中の松山高校生、松山高校を受験する受験生を応援するようでもありますね。

【地学部】合同天体観測会

1月19日(金)地学部と松山女子高校地学部による合同天体観測会を行いました。

 

 

 

冷たい風が少し吹いていましたが、空はよく晴れていて、土星を観測することが出来ました。

月の右下に見える星が土星です。

松山高校の屋上には昭和40年代の校舎建て替えに併せて設置された天体ドームがあり、松山高校創立90周年の際に導入された150mm屈折式天体望遠鏡が格納されています。ドームを持つ県立高校は県内に数校しかありません。この望遠鏡で遙か彼方の宇宙を観望することができます。

 

このあとの写真は地学部の松本君がスマートフォンで撮影した写真です。

土星の環が分かりますね。

 

望遠鏡を覗くときのアングルはこんな感じです。

松山女子高校とは合同天体観測会をたびたび行っています。

【SSH】数学講義Ⅰ

1月27日(土)東京電機大学教授の硲文夫先生を講師にお迎えして、数学講義を実施しました。

 タイトルは「バーコードのふしぎ」です。

「mod」という割り算の余りのみに注目した等式を利用し、バーコードの奇数番目の合計と偶数番目の合計×3を用いて、そのバーコードが本物か偽物かを見分けられることや

  

この理論を分かっていれば、バーコードに見えない数字があっても計算で導き出せることを講義していただきました。

それらはバーコードの読み間違いを防ぐための巧みな仕掛けで、私たちの生活の中の様々なところに数学が使われていることを解説していただきました。

生徒の感想 大室昊輝(川越市立南古谷中学校出身)

今日は東京電機大学理学工学部の硲文夫教授に来ていただき「バーコードのふしぎ」について教えていただきました。バーコードがある理由やバーコードの13桁の数字の意味、バーコードの数字の当て方など「バーコードのふしぎ」について様々な事を学習しました。始めに硲教授がバーコードの13個の数字のうち、12個の数字が分かった状態で残りの一個の数字を当てました。最初は10分の1で当てただけだろうと思っていましたが、講義を聴いているうちにたまたまではなく、しっかりとした法則のもとに割り出していたことが分かり驚いたと同時に硲教授の暗算の精度にとても驚愕しました。今日学習したことと今まで学習してきた数字を使って、様々なものを調べたり作ったりしたいと思います。

【SSH】探求Ⅰクラス内発表会

1月31日(水)6時間目の理数探究の時間に1年理数科がクラス内発表を行いました。

夏休み後から物理、化学、生物、地学、数学の各分野に分かれて探究を進めてきました。

今回はその中間報告となります。

探究活動としてはまだ始めたばかりなので、研究発表というよりはこれからこんな風に研究を進めていく、という発表ですが、どの班もよくまとまっていました。

質疑応答も活発に行われ、有意義な発表会となりました。

今回作成したポスターは2月3日(土)に開催される生徒研究発表会のポスター発表でも披露されます。

1年生はこれから本格的な探究活動がスタートします。

【新聞部】ご当地鍋フェスティバル

いろいろな取材をした1月も終わり。
1月28日には、代々木公園で開催された「 ご当地鍋フェスティバル」の取材をしました。

ご当地フェスティバルの取材

「冬祭!地酒&地肴2024 in 代々木」も同時開催されていて、
全国各地の鍋料理やお酒、 さまざまな料理などが大集合していました。

もつ鍋、かに鍋、鴨ねぎ鍋、いも煮鍋・・・
ご当地の鍋を食べてあったかい気持ちになりました。
高校生にはあん肝が苦かったそうです。
記事に関係ないけど、バタークレープを食べていました。 ご厚意で博多プリンもいただきました。
グルメフェスの取材楽しいね(食べてばっかりだね!)。

さて、今さらながら「ぎふ総文2024」 出場の発表をさせていただきましたので、
新聞部のページもぜひ見てください!

#青春のギフト007

■新聞部のページもよろしくお願いします!
https://matsuyama-h.spec.ed. jp/ 072a1b32215167fd4f57c5caf0ecbc 23

スキー部県予選

1月9日、10日に長野県上田市菅平高原のパインビークスキー場にてインターハイ県予選会が行われました。 この大会はインターハイと関東大会の予選を兼ねてます。

今年は雪不足の中の開催となりました、初日の10日は大回転の競技でしたが、ほとんど通常通りの開催となりました

 

その状況下で

2年 大澤 俊 5位 インターハイ本戦・関東大会出場

2年 金子 悠太   関東大会出場

2年 服部 由聖   関東大会出場

と結果を残すことができました。

また、11日の回転の競技では、雪不足のため通常のコースとは異なるコースにての開催となりました

結果は

2年 大澤 俊   6位 インターハイ本戦・関東大会出場

2年 服部 由聖   関東大会出場

2年 金子 悠太   関東大会出場

2年 安藤 恒人   関東大会出場

1年 横山 太飛   関東大会出場

さらに、学校対抗戦というのがあり、全体で6位になりました。

2年生は次年度は受験があるので、上位につながる大会は今回が最後の大会でした。

その中で、関東大会出場は今までの努力が報われた証拠だと思います。

1年の横山は高校から競技を始めての関東大会出場ということで、本当によく頑張っています。本人の努力が実ったと思います。

 

また今回埼玉県の高校の中で関東大会に出場した最多人数校が松山高校となりました。松山高校としての頑張りがとても良い形で出たと思います。この流れを受け継いで来年以降も頑張って欲しいです。

インターハイ本戦は2月5日から富山県のたいらスキー場にて、

関東大会は1月28日から群馬県のスノーパーク尾瀬戸倉にて行われます。

良い結果が出せるように頑張ります。

松高日誌(令和4年度)

松高日誌(令和4年度)

【総合的な探究】HONDA小山直城選手講演会

3月20日(月)HONDAの陸上競技部の小山直城選手をお招きして講演会を開催しました。

小山選手は平成26年度の卒業生です。

講演のタイトルは「壁にぶち当たったこと、乗り越えた先にあること」です。

小山選手は高校3年の春、レース中に怪我をしてインターハイに出られませんでしたが、

松高の仲間に支えられて、秋の高校駅伝埼玉県予選会では1区区間賞を獲得できました。

さらに、1月の都道府県対抗駅伝にも埼玉県チームで出場し、4区区間賞を獲得。

埼玉県の初優勝に貢献でき、その後の世界が広がったと話してくれました。

そのとき、進路指導で聞いていた”3つの「あ」”が快走を支えたそうです。

「あせらない」

「あきらめない」

「あなどらない」

駅伝でも大学入試でも同じ合い言葉が通用したそうです。

 

 

そして現在、HONDAで4年連続ニューイヤー駅伝に出場し、

去年は3区を走り、初優勝。

今年はエース区間の4区を走り、2年連続日本一となりました。

 

小山選手は原点である「走ることを楽しむ」だけでなく、達成感や緊張感も楽しめるように心がけているそうです。

さらに「人」とのつながりを大切にし、感謝の気持ちを忘れないようにしているそうです。

 

HONDA創業者の「何もしないことを恐れろ」を教訓に

失敗を恐れず、「超戦(あえて挑戦ではなく)」して欲しいと本校生徒に話してくれました。

そして、いつもOBは松高生を応援している、「頑張れ、松高生(当時の校長の言葉)」と力強く語っていました。

 

 

 

 

 

文武不岐の文字の前で校長先生と記念撮影もしました花丸

小山選手は先日の東京マラソンでMGC(パリ五輪代表選考会)出場権を獲得し、

10月15日にオリンピック出場を賭けて「超戦」します。

頑張れ、小山選手!