松高日誌

2012年8月の記事一覧

ソフトテニス部インターハイ結果

高木雄生君(3年 さいたま市・尾間木中出身)のコメント
【個人戦は3ペアが出場し、他校の多くの選手が初戦で姿を消した中、松高の3ペアは全員が初戦を勝ち、2ペアが3回戦に進出しました。
団体戦では、選手の強気のプレーに応援の力が加わり、初戦は姫路商業高に3−0で勝利。二回戦では、昨年のインターハイで3位の三重高に2−1で勝ち、昨年の先輩方の結果を上回るベスト16に入りました。私立高校が多い中、公立高校が、全国でも通用することを証明できたと思います。
個人戦では、目標にしていた上位入賞はできませんでしたが、団体戦は、全員がしっかり自分の役割を果たし、団体に強い松高を全国にアピールすることができたと思います。3年はこれで引退ですが、来年は後輩たちがさらに全国で上位に進出してくれることを期待しています。】

夏期松高塾(数学?微分)

関本翔馬君(3年 日高市・高根中出身)のコメント
【自分は、生徒会に入っていて松高祭(文化祭)の準備で学校にいることが多かったので、少しでも勉強したいと思い、夏期松高塾を受講しました。今回受講した数学の補習は、数学?の微分法の入試問題をメインに解いていくというものでしたが、担当してくださった先生の解説がとてもわかりやすくて、大変自分のためになり、さらに数学が好きになりました。大学受験まで半年もないので、学習を続けて志望校合格を目指していきたいです。】

県立学校公開講座実施

8月16日14時から本校で県立学校開校講座「ドイツ観念論入門(カントからフィヒテへ)」が行われました。
23日には「ドイツ観念論入門(シェリングとヘーゲル)」が実施されます。