松高日誌

2012年4月の記事一覧

6校交流戦 剣道部

長澤杜夫君(所沢市・向陽中出身)のコメント
【埼玉県立浦和高校にて、浦和、春日部、川越、熊谷、不動岡、松山による剣道6校交流戦が行われました。県内上位校が集まる中で私は自分自身に足りないものをたくさん肌で感じました。私の高校での剣道生活は残り半年を切ってしまいましたが、その限られた時間を有効に使わなければならないと思いました。互いに良い刺激として関東大会や全国大会出場を目指して日々の稽古に努めていきたいと思います。】

スーパーサイエンスハイスクールに指定

本校は、文部科学省の「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」に指定されました。
この事業は、将来の国際的な科学技術系人材を育成することを目指し、理数系教育に重点を置いた研究開発を行う高等学校を文部科学省が指定するものです。指定は、平成24年度から平成28年度までの5年間です。
 
本校のSSHの概要→こちらをクリック

2年理数科 出張講義

川俣一輝君(富士見市・勝瀬中出身)のコメント
【今回の数学出張講義は、東京電機大学の硲文夫教授による「GPSの不思議」というテーマの講義でした。GPSの仕組みを円と球面の幾何学を使って数学的に分析するもので、いかにも難しそうに思えますが、「もし宇宙が平面だったら・・・」という発想から、地球を平面の円盤に見立てた解説で、三角比や円の方程式等、今までに習った数学を使って、どれも簡単に説明することができました。GPSだけでなく,CDやバーコード等にも自分達が学んでいる数学の知識が使われ、生活の至る所で役に立っていると分かり、数学の楽しさを感じられる講義でした。最後に硲先生は「自分は社会に役立つ技術を開発するために数学を学んでいるのではなく、好きで楽しいから数学をやっている」と仰いました。自分も将来やりたい職に就けるようにしっかり進路を考えていこうと思います。】