松高日誌

2011年12月の記事一覧

1年進路ガイダンス

 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日、14大学(群馬大学、学習院大学、文教大学、法政大学、日本大学等)の大学入試担当者が来校し、1年生対象に進路ガイダンスが行われました。
 
※写真は、群馬大学(左)、学習院大学(右)のガイダンスの様子です。

高校総合文化祭連続出場 書道部 

野口貴博君(東秩父村・東秩父中出身)のコメント
【今回僕は、11月29日に行われた埼玉高校書道展で奨励賞をいただき、来年の全国高等学校総合文化祭富山大会に出場が決まりました。埼玉代表は14人で、そのうち12人は投票によって決められました。僕はその12枠の中に投票で選ばれて入り、約770作品の代表として全国に行きます。今回書いた作品は「中務集」という仮名の作品で、今まで書いてきた「針切」とは違う作品を選びました。作品は三ヶ月ほぼ毎日練習して作り上げました。その結果、昨年の福島大会に続いて連続で全国に行くことが決まり、さらに松高としても6年連続出場となり、とても嬉しい限りです。大きな作品展は残り少ないですが、これからも全力でやっていきたいです。】

松山高校新聞 263号発行

13日、松山高校新聞263号が発行されました。特集は「原発を考える」と「サイバー攻撃」です。他に部活動の紹介等も掲載されています。ご希望の方は、事務室前にありますのでご自由にお持ちください。

修学旅行4日目 最終日

地元の方に「奇跡的」といわれた昨日の「晴れ」に続き、本日も「晴れ」です。座間味島とお別れし、本島へ。首里城を見学後、国際通りを班別行動しました。滑走路閉鎖という異常事態が起こりましたが、ロビーで2時間ほど待機し、午後9時頃に羽田空港で生徒達は解散しました。
今回の修学旅行では、沖縄(特に座間味島)の皆さんには大変お世話になりました。素晴らしい思い出ができました。ありがとうございました。