松高日誌

2011年11月の記事一覧

教科研究授業

本校では、教員個々の授業力を高めるために、年に2回教科毎に研究授業を行っています。今回は「古典を通して心情を豊かにする」をテーマに古文の授業を実施しました。

地学 レプリカ作り

池永周平君(ときがわ町・玉川中出身)のコメント
【遙か昔に生きていた証である化石のレプリカを作る作業は初めてなのでとてもワクワクしました。現代で発掘されたものを作りながら、その時代の背景を感じ取ることができました。自分なりに石膏や水の分量を守って正確に計り、良い完成品を思い浮かべていたのですが、気体とは違い、上手く固まらず苦労しました。正確に作る手順をこなしても、思い通りにいかない時があるということをレプリカ作りの経験を通して学べたので良かったと思います。】
 

優秀賞受賞 生物部

小川 臨君(理数科2年 坂戸市・若宮中出身)のコメント
【今回、私たち生物部メダカ班は、日本学生科学賞埼玉県展において、「メダカの性比に偏りが生じたのはなぜか」という研究で優秀賞をいただきました。この研究は性比が1:1である一般的なメダカに対し、その性比が異なるメダカの原因を遺伝的、また環境的要因と仮定し、実験をして詳しく調べるというものです。今回は惜しくも全国展を逃してしまいましたが、この研究の課題をより追求し、さらなる優秀な賞を取るため、努力していきたいと思います。】