松高日誌

2011年11月の記事一覧

理数化学 アルカリ金属 

 
鍵村拓也君(ふじみ野市・大井中出身)のコメント
【今回の実験では、アルカリ金属の単体と水の反応についてと、水酸化ナトリウムの性質についての2つの実験を行いました。アルカリ金属の単体と水の反応では、アルカリ金属にはリチウムを使ったので、水との反応が激しく面白かったです。特に、水で濡らした濾紙の上にナトリウムを置くと火を出して溶けたのがとても面白い反応でした。水酸化ナトリウムの性質についての実験では、水酸化ナトリウムを水に溶かし、水酸化ナトリウム溶液を作り、その中に二酸化炭素を集めた試験官の口に入れると試験管に液体が入ってとても不思議でした。こうした実験を行った後で、「なぜこうなったのか」を考えることで、面白い反応についての理解が深まり、さらに実験が楽しくなります。今後も楽しく実験をしていきたいです。】