松高日誌

2011年11月の記事一覧

大学見学会 ?

経済・商コース
青木亮佑君(吉見町・吉見中出身)のコメント
【私は、経済・商学コースを選択して中央大学・法政大学に行きました。まずはじめに、大学全体の大きさに驚きました。見学時間内では全てを回りきることができませんでした。大学のガイダンスの中で印象に残ったことは、経済学と経営学の違いについてです。両者は似ているものだと思っていましたが、話を聞くと大きく異なっていました。今回の見学でより一層大学で学びたいという思いが強くなりました。そして、この見学会で得たものを活かして、これからの高校生活を大切に送っていきたいです。】
  
法律コース  
西川雄貴君(三芳町・藤久保中出身)のコメント
【今回大学見学をしたことにより、大学の特徴や設備、校風、雰囲気などの多くの情報を得ることができました。見学に行くことにより、受験に対する意識も今まで以上に高まりました。さらに、大学生の方々によるアドバイスはどれもためになることばかりで、今後どのように勉強をすれば良いのかが分かりました。また、大学のパンフレットを見るのみで情報を得るのではなく、実際に現地へ行き、自分の目・耳・肌で感じて情報を得ることは重要だと思いました。今後も、全力で勉強に励みたいと思います。】
 
文・人文コース   
田邨 光君(東松山市・松山中出身)のコメント
【今回、文・人文学コースで武蔵大学と立教大学へ見学に行きました。大学の説明はとても分かりやすく、校舎案内ではその学校ならではの言い伝えがあり、とても和やかな雰囲気で見学することができました。大学の先輩方の体験談では、大学を選ぶ方法など、これからの自分に役立つことばかりでした。どの大学もその学校にしかない個性があり、とても魅力的でした。】


スリーデーマーチ ?應援團

 
小田 穂君(小川町・西中出身)のコメント
【今回、自分達松山高校應援團は、スリーデーマーチの催し物の一環として吹奏楽部と共にボッシュ東松山工場内にて、演技披露を行いました。自分達應援團が新しい代になり、最初の演技披露だったため、不安と緊張の中で演技を行いました。会場にはスリーデーマーチの参加者の方達で満員になり、立ち見の方もたくさんいる中で行いました。最後までミス無く終わりましたが、それでも最高の演技ではなかったので、今回のことを次に活かして、2月の「日輪の下に」、文化祭の「紫薫の集い」を最高の形で終われるようにしたいと思います。】

松高点描 〜37〜

比企一周駅伝まで2週間余りとなりました。体育の授業ではジョギングコースを3周走っています。このジョギングコースは体育の授業ばかりではなく部活動でも良く利用しています。更に一般の方にも開放(休日など)しています。コースは民家の近くを通りますので、迷惑をおかけしないように看板を作成しました。どうぞお静かにご利用ください。