松高日誌

2011年4月の記事一覧

化学? 蒸留実験

宮林晃太郎(東松山市・松山中出身)のコメント
【今回行った蒸留の実験は、中学校で知識として覚えていたものだった。しかし、いざ実験を始めようとしても中学校で使っていたような器具はほとんどなく、より複雑なものになっていた。そのため、装置の組み立てに手こずってしまった。
 今回の蒸留は赤ワインからアルコールを取り出すものだ。バーナーで赤ワインの入った試験管を加熱していく。するとその先にある、「リービッヒ冷却器」という器具で水滴が冷却され、液体を溜めるビーカーへ流れていく。溜まった液体は透明で、においをかいでみると、甘酒のようなにおいがした。つまりアルコールが蒸留されたのだ。また、マッチで火をつけてみると液体は燃え、アルコールだと認識できた。
 このように見事成功したので、次の実験が少し楽しみになった。また、中学校の時よりもレベルが高い装置も使うことができ、より知識を増やすことができた。得ることが多い高校での初めての実験だった。】

特進合宿?

渋谷友暉君(小川町・上野台中出身)のコメント
【僕は、今回の特進合宿が、今後の受験勉強をすることにとても良い刺激になったと思います。先生や特進クラスの先輩の話を聞いてとても良い経験になりました。
 いつもゲームなどが気になって勉強ができない自分でも、仲間たちと集まり、勉強の環境を変えることによって、とても集中することができました。
 勉強だけではなく、入学したばかりでうまくクラスに馴染むことのできなかった人は、仲間と友情を深める良い機会になったと思います。
 今回の特進クラス合宿で得たことを今後の学校生活に生かしていきたいです。受験は団体戦です。クラス全員が理想の進路に進めるように頑張りたいです。】
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
*写真は、左から「入浴後もすぐに勉強」「特進クラス先輩の話」の様子です。

「川の国 埼玉」 CM制作

埼玉県では、平成20年度から「川の国埼玉」を目指し、川の再生100プランに取り組んでいます。昨年実施した県民意識で、若年層において認知度が低いことから、若年層にPRするために、高校生の自由な発想から「川の再生CM」を制作することになりました。担当は松山高校映像制作部で、30秒と60秒の2種類のCMを制作することになりました。
 
*写真は、第1回打合せの様子です。

東日本大震災義援金募金活動

東松山警察署の許可を得て、生徒会の生徒たちが23日から駅(東西出口)前で街頭募金を始めました。多くの皆さんにご協力をいただいています。ありがとうございます。この活動は、28日まで行います。時間は17:30から19:00までです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中間報告 【160,159円】
内訳【23日(土) 50,051円  24日(日) 51,447円 25日(月) 58,661円】
*生徒の感想・・外国の方が募金後、「頑張れ日本!」と言ってくださったのが印象的でした。

特進合宿?

小谷建太君(ふじみ野市・大井中出身)のコメント
【私は、特進クラス合宿に行く前には、楽しそうな修学旅行のようなイメージを持っていたのですが、しおりが配られてみると、休憩や遊びの時間はなく、勉強のための合宿であることを実感しました。
 この合宿では2日目にテストがあり、そのテストのために、普段とは異なる環境の中で、クラス全体で同じ目標に向かって、休憩時間や自習の時間を最大限に活用しました。
 また、先生方や先輩方には学習の進め方や考え方など、聞きたくてもなかなか聞くことのできない貴重な話を聞かせたいただきました。このような話を聞くことができたことにより、勉強に対するモチベーションが上がっただけでなく、これから勉強をしなくてはいけないんだという気持ちになりました。
 この二日間で発揮することのできた集中力を普段から発揮できるようにして、勉学に励みたいです。】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
*写真は、左から「集中して自学自習」「楽しみな夕食バイキング」の様子です。