松高日誌

2012年2月の記事一覧

関東大会報告 スキー部

 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田嶋俊也君(寄居町・城南中出身)のコメント
【私は関東大会に出場してきました。今回、家族や色々な人からの期待に応えることができたことを誇りに思っています。雪なし県ということもあり、他の県に比べると少ない練習時間での大会参加となりましたが、自分の実力を大会でしっかりと発揮することができて良かったと思っています。このような大会に出場できたのは、親やコーチ、先生、OBの先輩方の指導、応援があったからだと思います。自分を支えてくれた方々への感謝の気持ちを忘れずにこれからも頑張っていきたいと思います。】
 
*写真左が田嶋君、右が岩田君です。

バレンタインコンサート

東海林拓君(東松山市・松山中出身)のコメント
【2月5日、第9回バレンタインフェスティバルコンサートが行われました。2004年の2月に1回目のコンサートが開かれ、当時は近隣の高校3校と松高、計4校での開催でしたが、9回目となる今年は高校が5校、中学校が9校という規模の大きいコンサートとなりました。男だらけの男子校生活の中、女の子と触れ合える機会を楽しむ者も多かったと思いますが、数少ない合同練習を有効に使って本番に臨みました。今回、他校の練習風景を見させてもらったのですが、メニューに無駄がなくどれも目的や意図の見える練習でした。ただ何となく与えられたことをこなすだけでは意味がないと気づいた今、学生指揮者としても一部員としても意味のある練習方法を考えていきたいです。】

化学? アルカリ金属実験

佐藤卓哉君(吉見町・吉見中出身)のコメント
【今回、僕達は化学の授業でアルカリ金属と呼ばれる金属を使った実験を行いました。僕が今回の実験で興味を持った金属はリチウムです。その理由はこれと水を反応させると水素が発生するからです。中学の理科で、水素に火をつける実験があったので、今回同じように火をつけて、水素爆発が起きた時は興味深かったです。実験の良いところは、楽しく学べるところだと思います。また、クラスのメンバーと協力して行うので、さらに楽しさが増すのではないでしょうか。】

百人一首大会

鈴木孔大君(2年 鴻巣市・鴻巣中出身)のコメント
【私は、中学生の頃に少し覚えていたので、この百人一首の大会に出てみようと思いました。この日のために練習をして、上の句で札を取れるように努力しました。一試合目は、59枚を取ることができ、決勝に進むことができました。決勝では、練習の成果を発揮することができ、結果は62枚で一試合目を上回って優勝しました。努力すれば結果がついてくることが分かりました。この優勝を糧にこれからの勉強などを頑張りたいです。】