ICT実践報告

2021年9月の記事一覧

ICT実践報告No.16「分散授業の様子(化学基礎)」

松山高校では新型コロナ蔓延防止の観点から、3年生は全員登校の分散授業、1,2年生は分散登校で授業を実施しています。

9月10日(金)の1年1組の化学基礎の授業では出席番号偶数の生徒が学校で、奇数番号の生徒は自宅でオンラインで授業を受けました。

 

 1年の化学基礎では、生徒たちは予め指定されたYoutubeの動画を視聴してから授業を受けています。

 

(限定公開のため加工をしています)

ちなみにこのYoutubeの視聴回数は考査前に急上昇します。

 

Zoomを使い、PowerPointの画面を共有して説明を加えながら授業を進めていきます。

 

 

 

問題演習の際には自宅にいる生徒も学校にいる生徒も同じ問題を解き、答えるときにはオンラインで受講している生徒に「Raise Hand(手を上げる)」の機能を使って意思表示をさせ、答えさせたりしています。

動画配信とZoomを活用することで、進度が遅れること無くスムーズに授業が進められています。

 

ICT実践報告No.15「分散授業の様子(地理)」

松山高校では新型コロナ蔓延防止の観点から、3年生は全員登校の分散授業、1,2年生は分散登校で授業を実施しています。

3年5組の地理の授業は、教室とLL教室の2教室で、担当者が事前に録画した授業動画をそれぞれ流しながら進めています。今回は 世界の農林水産業についての授業でした。

 

↓3年5組の教室

 

 

 

↓LL教室

 

 

授業担当者は2つの教室を行き来しながら机間巡視をし、生徒に指導をしています。

 

 

授業の最後に生徒はワークブックの問題を解き、答えを各自のスマホを使いgoogleフォームで入力して提出し、授業を終えました。