校長室より

2020年1月の記事一覧

「生徒の輪」

 令和二年が、始まりました。今年一年が、皆様にとってより良き年となることを願っています。

 さて、時期的にだいぶ遅れてしまった内容のお話です。去る10月3日に、東松山市の岩鼻運動公園競技場において、本校の体育祭が開催されました。男子校の体育祭ですのでレクレーション種目はほとんどなく、学年・クラスを越えて、全力の競い合いが展開されました。生徒達がすべての競技に全力で取り組む姿に感動したり、仲間を応援する姿から勇気をもらったりとそれはそれは素晴らしい体育祭でした。

 終盤に雨が降り出し、最終種目が終わろうとしていた時のことです。應援團の生徒が寸劇を行うとともに、今日一日の全員の頑張りにエールを送っていました。その光景を見ていた全校生徒が次第に彼らを囲み始めました。その姿だけでも、「松高っていいな!」と思っていたのですが、驚きの光景は應援團生徒が応援歌を歌い始めた時に起こりました。応援歌は、部活動の壮行会等で全校生徒が歌う場面はままありますが、ここで歌うのかと思っていると、輪になって見ていた生徒達が、学年・クラス関係なく、全員が肩を組み歌い始めたのです。誰の指示でもなく自然と肩を組み、共に称え合い、この輪の中にいることに喜びを感じている顔・顔・顔。最後の最後にとても大きな贈り物をもらった気持ちです。応援に来ていただいた保護者の皆様も、思わぬサプライズにシャッター音が鳴りやまず、慌てて携帯で動画を撮っていらっしゃいました。「この輪の中にいる感じって、どんなものなのだろうか?」と想像しつつ、今年の体育祭を無事終了することができました。ありがとうございました。重ね重ね、御報告が遅れてすみませんでした。

 またの御来室をお待ちしています。

 

0