生物部ログ

2020年9月の記事一覧

生物室近くの木にいたのは…

 

こんにちは!先日、生物室近くの木でこんな可愛い生物を見つけました。

みなさん、この生物を見たことはあるでしょうか?

こちらはキジバトという鳥ですキラキラ親のキジバトが巣を作り、その巣から子供のキジバトがひょっこりと顔を出していました。生物部員にキジバトのことを聞いてみると、小川町では良く見られるそうです。

キジバトの鳴き声は「デデッポポー デデッポポー」というそうで、羽の先からくちばしの先までの全長は約30cm〜35cmです。また、ハトは雑食性で、果実や種子や、昆虫、ミミズなどを食べます。

そんなキジバトは、昔から幸運を呼ぶハトと親しまれてきました。そのため、軒先やベランダなど家のそばに巣を作られても微笑ましく見守る人も多いようです。

今後、生物部一同、温かく見守っていき、幸せを分け与えてもらえるように頑張りたいと思います了解

 

 

生物部 新入生歓迎野外調査

 

8月20日に新入生歓迎会を踏まえた野外調査を行いました!

滑川町にあるミヤコタナゴエコミュージアムに集合し、それぞれの班で事前に決めた野外調査場所へと移動をしました。そこでは様々な生物を採取するという任務を与え、採取が困難である生物を捕まえると高得点をもらえるという班対抗形式で行いました晴れ

暑い中でしたが、楽しそうに捕まえた生物を見ていました。

こちらが捕まえてきた生物の一部です。

なんとある班が、今回の調査で最もレアであるマツカサガイを捕ることに成功しましたキラキラ

マツカサガイは中々捕まえることが難しいのです!すごい!

天気にも恵まれ、とても充実した野外調査になりました。

調査の後は、ミヤコタナゴミュージアムを見学し解散しました了解