生物部ログ

2020年7月の記事一覧

生物室の仲間~その3~

 

みなさん、こんにちは!

今日は生物室の仲間紹介第三弾です!紹介する生物はこちら。

メダカちゃんですキラキラ生物室にはたくさんの水槽がありますが、そのうちの半分近くの水槽でメダカを飼っています。

みなさんの身近な存在として感じている人は多いのではないでしょうか。メダカはほとんどの場合、流れの緩やかな小川や田んぼなどの止水域のような場所で生活しています。

なぜ「メダカ」という名前がつけられたのか、知っていますか?

メダカは漢字で書くと「目高」と書きます。目が高い位置についていることが名前の由来と言われています。

 

また、メダカのオスとメスはからだのつくりが違うので見分けることができます!特徴は「背びれ」と「尻びれ」にあります 。横から見た時にオスには背びれに切り込みがありますが、メスにはありません。オスの尻びれは大きく平行四辺形をしていますが、メスの尻びれは小さく後ろに行くほど幅が狭くなっています。

 

メダカを見る機会があったら、オスかメスか見分けてみてくださいね了解

カイコのその後のその後

 

こんにちは!生物部です。

前回のブログで、「カイコがさなぎになりました」という報告をしてから1週間もたたずに、なんと成虫になりましたキラキラ

めちゃめちゃ可愛いですハートモフモフとした感じがあります。

繭を突き破って外に出たことが写真(左)から分かります。

ただ、残念なことに、カイコは野生回帰能力を失っている動物であり、人間による管理なしでは生育することはできません。また、成虫は羽はあるのですが飛ぶことはできず、エサを食べることもなければ水を飲むこともないまま交尾のみを行って最大10日ほどで死んでしまいます。

カイコが長生きをする動物であったなら、ペットとして人気が出ること間違いなしです!

短い命ですが、最後まで大切に大切に見守ってあげようと思います。

松高生はぜひ生物室まで見に来てくださいね了解

カイコのその後と1年生本入部

 

二つ前のブログで紹介したカイコの幼虫(写真左)がついにさなぎ(写真右)になりました!じゃじゃん!

糸を吐き出して繭を作りました。残念ながら糸を吐き出している様子は写真に収めることができなかったので、

また来年リベンジしたいと思います。

次にカイコのブログをあげるときには、さなぎから成虫になる様子をお届けします!

 

話は変わりますが、今週の月曜日から1年生の本入部が始まりました。

生物部にはなんと8人の新入生が来てくれましたキラキラ

新体制になってから初めての部活では、顧問をはじめ、1・2年生の自己紹介や2年生が行っている研究紹介と今までの研究の成果をパワーポイントを使って発表しました。

1年生は初めて聞く内容に真剣に耳を傾け、目をキラキラさせながらメモをとっていました。

部員数も増え、今後の部活動にさらなる磨きがかかる気がしていて、とても楽しみです喜ぶ・デレ

 

ではまた次回のブログで!