2019年9月の記事一覧

アゾ染料

化学  9/17 (火)  ④限

   

△2-ナフトールを測りエタノールと水酸化ナトリウムを入れて溶かす。(A液)

 

△A液にガーゼを浸して軽く乾かす。

△アニリンと塩酸を混ぜたものに、10%亜硝酸ナトリウム水溶液をよく冷やした状態で混ぜる。(B液)

   

△A液に浸したガーゼをB液に浸すとカップリングが起こり、オレンジ色に染まる。

生徒の感想  (3年  特進  瀧澤拓海  川越市立城南中学校出身)

 今回の実験は2つの溶液を作り染色をしました。初めに2-ナフトールにエタノール、水酸化ナトリウムを加えて溶かした溶液にガーゼを浸すと薄い赤褐色になった。次にアニリンに塩酸と亜硝酸ナトリウム水溶液を加えて作った塩化ベンゼンジアゾニウムの水溶液に、先ほどのガーゼを浸すと鮮やかな橙赤色に変化した。

 この実験で、地味な薄い赤褐色から明るい橙赤色に変化したとき、とても感動的でした。この感動はあい染めのときに、緑から酸化してあい色に変化したときと近似していたと思います。この実験から、他の染料も化学的に見ていくとおもしろいと思いました。

0

サリチル酸の誘導体

化学  9/4 (水)  ⑥限

      

△サリチル酸メチルの合成

     

△アセチルサリチル酸の合成

△合成したサリチル酸メチル(右)と、アセチルサリチル酸(左)に塩化鉄(Ⅲ)を加えた結果。

生徒の感想  (3年4組  鳥井真翔  志木市立志木中学校出身)

 この実験では、サリチル酸の誘導体であるサリチル酸メチルとアセチルサリチル酸を合成した。また、その性質の比較と確認をした。

 サリチル酸メチルの合成で、加熱した後、合成物に炭酸水素ナトリウムを加えて、残ったサリチル酸を反応させて取り除き、塩化鉄(Ⅲ)と反応しないようにする工夫に感心した。また、今回合成した2つの物質は、似ている様で、サリチル酸メチルはヒドロキシ基を持ち、アセチルサリチル酸はカルボキシル基とアセチル基を持っており、性質も全く違う。構造が似ていても少しの違いで性質が全く別の物に変わってしまうということを体感した。

0