2016年12月の記事一覧

ダニエル電池・鉛蓄電池・電気分解・メッキ

化学基礎  12/16 (金)  ④限
  
▽ダニエル電池
 
▽鉛蓄電池
  
▽電気分解
 
▽メッキ
 
生徒の感想  (2年2組  伊藤純也  川越市立霞が関中学校出身)
 今回の実験では、ダニエル電池、鉛蓄電池を作り、電池の仕組みを知り、起電力を測定する実験と、食塩水の電気分解、銅メッキを行い変化を観察し、原理や生成する物質を考える実験を行いました。
 この実験を行った結果ダニエル電池の機動力が1.1V(ボルト)、1分間手回し発電機で充電した鉛蓄電池が2.0Vでした。ダニエル電池に比べて鉛蓄電池のほうが起電力が高いことがわかりました。食塩水の電気分解では、陰極側の溶液が塩基性になることが分かりました。実験を実際に行うことで理解が深まりました。
0

音さの共鳴

理数物理  12/5 (月)  ①限

△音さをデジタルオシロスコープで測定
  
△出来るだけ他の班と距離を置いて計測

△計測数値から波長を計算
生徒の感想  (2年 理数科  古平寛人  熊谷市立熊谷東中学校出身)
私たちは物理実験で音さの共鳴実験をしました。
この実験は、水を入れたガラス管と音さを使って共鳴するところを何か所か調べて、音さの振動数と波長を調べるというものです。
私が実験をした感想としては、思ったよりも正確に計測するのが難しいなと思いました。ですが、何回も計測してだんだん数値が正確になっていくことに感動を覚えました。
0

金属陽イオンの反応

化学  12/2 (金)  ②限
  
 
  
生徒の感想  (3年 特進  高野夏颯  川越市立南古谷中学校出身)
銀イオンなどの金属イオンの溶液に様々な溶液を数滴加えることにより生じる溶液の色彩の変化や沈殿の有無を確認する実験を各班ごとに行いました。1つの班は3・4人により構成されています。
この実験で、沈殿が生じた全てのものが色彩が変化しました。しかし、色彩が変化したものが全て沈殿が生じるわけではありませんでした。ほとんどの反応がすぐに反応してしまうので、結果を記録するのが大変でした。
0