2015年6月の記事一覧

アルコールとアルデヒド、エステル

化学 6/29(月) ②限
  
生徒の感想(3年 普通科 柿沼開人 ときがわ町立都幾川中学校出身)
今回、アルコールとアルデヒドの性質を調べる実験を行いました。エタノールやホルマリンなどを使い化学変化させ、臭いの変化や色の変化などを観察しました。特に、銀鏡反応の実験では、試験管に銀が析出する、とても美しい反応が見られました。また、エステル化反応では、ともに刺激臭のあるエタノールと酢酸を混合することで、まるで果物のような臭いが発生し、反応の前後の臭いの違いに驚かされました。今度はメタノールの酸化の実験で発生した、ホルムアルデヒドの有する発がん性について調べてみたいと思います。
 
0

脂肪族炭化水素の性質

化学 6/15(月) ⑥限
 
生徒の感想 (3年 普通科 谷島諒哉 川島町立川島中学校)
ヘキサン、シクロヘキセン、アセチレンの3つの炭化水素を燃焼させた時、また、臭素水と、過マンガン酸カリウム水溶液を加えた時の変化の様子から、それぞれの化学的性質を比較した。燃焼させた時、すすの発生に違いがあり、炭素の含有率との関係がわかった。臭素水と過マンガン酸カリウム水溶液を加えた時は、置換反応と付加反応が起こった。今回の実験をしたことで、より理解が深まった。アセチレンを捕集するためにカーバイトをアルミ箔で包んで水槽に入れた時、アセチレンが勢いよく気泡になって出てきたので、慌ててしまった。次の実験では慌てないようにしたいと思った。
ああ 
0

体細胞分裂の観察

生物基礎 6/10(水) ①限
 
生徒の感想(1年 普通科 山田佑也 嵐山町立菅谷中学校出身)
タマネギの体細胞分裂の観察をしました。染色までしてあるタマネギの発根種子の、特に細胞分裂が盛んに行われている根端分裂組織のある根の先端1mmを切断し、つまようじでたたき広げ、指で押しつぶし、プレパラートを作り、観察しました。高校生になってから3回目の実験でしたが、班員と協力しスムーズに行うことが出来ました。教科書の写真のように、きれいな分裂期の細胞を観察できるか不安でしたが、とてもよい分裂中の細胞を観察することが出来ました。実際に観察ができる実験は、集中することが出来、印象に残るので、理解を深めることが出来ました。今度は動物の細胞分裂の様子を観察してみたいです。
0

火成岩の分類と密度の測定

地学基礎 6/4(木) ⑤限
 
生徒の感想(2年 普通科 平井匠 北本市立宮内中学校出身)
今回の授業では、火成岩を組織と色調により火山岩と深成岩に分類し、次に密度を測って岩石毎の違いを探りました。最初に岩石をルーペで見て、斑状組織と等粒状組織の特徴の違いから、火山岩と深成岩に分類しました。密度の違いを調べたときには、同じ色調では、火山岩の方が深成岩よりも密度が小さいことを知ることが出来ました。中学校の時とは違い、より詳しい実験が出来たのでとても面白かったです。
0