2014年10月の記事一覧

ヨードホルム反応、セッケンをつくってみよう

化学 10/27(月) ⑤限
 
生徒の感想(3年 理数科 佐藤将馬 ふじみ野市立葦原中学校出身)
ヨードホルム反応の実験では、エタノール、アセトン、酢酸の3種類の溶液にヨウ素ヨウ化カリウム水溶液を加えた時の反応と、さらに水酸化ナトリウム水溶液を加えた時の様子を観察しました。エタノールとアセトンの入ったヨウ素ヨウ化カリウム水溶液では、水酸化ナトリウム水溶液を加えいった時の褐色から淡黄色への色の変化が、まるで漂白剤によって色が抜けていくような感じでとても興味深く感じました。セッケン作りでは、普段自分達が使っているセッケンの仕組みを理解することができました。また、加熱しながら混ぜるところでは油滴がなくなり、均一の溶液へ変化していく様子に驚きと楽しさを感じました。これからも、授業の準備をしてくださっている先生方に感謝をして、安全に気をつけながら実験をしたいと思います。
  
0

炭化水素

化学 10/16(木) ①限
 

生徒の感想(3年 普通科 清水智貴 小川町立西中学校出身)
今回の実験は、水にカーバイドを入れアセチレンを発生させ、臭素水、硫酸酸性過マンガン酸カリウムとの反応、燃焼の様子を調べました。また、ブタンについても同様に行いました。最も印象に残っているのが、アセチレンとブタンの燃焼の違いでした。アセチレンは黒いすすが発生し舞い上がるほどでしたが、ブタンは発生しませんでした。すすが出ないことも、ブタンがライターのガスに使われている要因の一つであることを実感しました。日常生活で使う物を実験で調べる時、その理由などが分かる事もあるのでおもしろいと思いました。
  
0

コハク磨き

地学基礎 10/10(金) ③限
 
生徒の感想(2年 特進 千代田 優 川越市立川越第一中学校出身)
今回地学の実験では、コハク磨きをしました。コハクとは植物が分泌する樹脂が化石化したものです。それを磨いて虫が中に入っているかを観察しました。コハクの中に虫が入っていたらそれは約百万年前の虫だと聞いたので、ルーペなどを使って探しました。私のものには偶然虫が入っていたのでとても感動しました。自分の見つけた虫が百万年前に動いていたと思うと、もっと色々な生物の化石を見つけてそこから分かる生態系など詳しく調べてみたいと感じました。
0

金属陽イオンの反応

化学 10/7(火) ①限
 
生徒の感想(3年 普通科 新井大貴 小川町立欅台中学校出身)
今回の実験で私達は銀、銅、亜鉛などの陽イオンを含んだ水溶液中にアンモニア水や希硫酸などの試薬を加え沈殿の有無や色などについて調べました。金属イオンを含んだほとんどの水溶液では、反応がとても分かりやすく観察するのがとてもおもしろかったです。私の班は他の班より実験の進みに遅れをとってしまいましたが、失敗することもなく安全に実験ができたのでよかったと思います。とても興味深い実験だったので、今回行えなかった他の金属陽イオンの反応も調べたいと思いました。
 

0