2014年9月の記事一覧

味覚修飾物質

生物 9/19(金) ⑥限
 
生徒の感想(3年 普通科 小久保星汰 川島町立川島中学校出身)
今回の実験で私達はギムネマ茶とミラクルフルーツによる味覚の変化についての体験をしました。普段では味わえないような苦味や、なんとも言えない表現しづらい味を感じましたが、その効果は絶大でした。ギムネマ茶を口に含んだ後では、ほとんど甘みを感じなくなりました。砂糖はまさに砂のように感じ、チョコレートは粘土を食べているようでした。ミラクルフルーツの果肉を口のなかに入れた後では、酸味のあるレモンがまるで砂糖水に漬けたように甘く感じました。今回の実験は、とても不思議な気分になり味覚に興味がわきました。
  
0

盲斑と黄斑

生物 9/18(木) ⑤限
 
生徒の感想(3年 普通科 黒木康希 鶴ヶ島市立西中学校出身)
盲斑の形を調べ面積を算出する実験では、人により大きさが違っていることが分かりました。自分は比較的小さい方でしたが、僕の2倍以上の大きさの人もいて形も様々でした。また、黄斑の働きを調べる実験では色によって確認出来る視野の角度の違いなどを調べました。これもそれぞれ違いがあり、今回の実験では人それぞれ結果が違ったので友達と比較し合いました。視覚について、深く学ぶことができました。
  
0

アルカリ金属とアルカリ土類金属

化学 9/9(火) ③限
 
生徒の感想(3年 普通科 平野徹 東松山市立南中学校出身) 
今回はアルカリ金属、アルカリ土類金属を用いて性質を調べました。この実験を通して、用語として学んでいた『金属』について、実際に見ることや変化を自ら調べることができて良かったです。実験の作業では気体の捕集を忘れてしまうという失敗はありましたが、重要な部分では問題なく進めることができました。中学校では、塩酸などが特に注意するものとして扱っていましたが、今回はさらに危険さを伴い注意が必要な高校らしい実験だと実感しました。将来的に直接の必要性は無いかもしれませんが、とても意義のある貴重な実験だったと思います。
  
0

PHの測定

化学基礎 9/8(月) ④限
 
生徒の感想(2年 普通科 橋本聖弥 東松山市立東中学校出身)
今回の実験は、濃度の違う塩酸と水酸化ナトリウム水溶液を作成し、PHメーターで測定することと、紫キャベツから抽出した色素であるアントシアンの色の変化を確認しました。この実験では様々な量の溶液をはかる作業がいくつもあり、精密さを含む本格的な実験が行なわれていると実感しました。抽出液のアントシアンに炭酸ナトリウム、塩酸を加えると生じる色の変化も見ていて飽きず楽しい時間でした。これからも授業や実験に意欲を持って取り組んでいきたいです。
  
0

窒素の化合物

化学 9/2(火) ①限
 
生徒の感想(3年 普通科 西田亮一郎 新座市立第二中学校出身)
今回、アンモニアと一酸化窒素を発生させ、性質を調べました。この実験によって、教科書内の写真や文章だけでは伝わりきらない部分が体験できました。特にアンモニアの刺激臭などは、実際に発生させ臭いを嗅いでみることによって頭の中に印象深く残りました。また、加熱するだけで反応の速さが大きく変わるのも分かって良かったです。手順は簡単でも使用している薬品などは危ない物もあるので、これからも安全に気を付けて実験を行いたいと思います。
  
0