2014年5月の記事一覧

光合成色素の分離

生物 5/9(金) ④限
生徒の感想(3年 普通科 尾島匠 深谷市立花園中学校出身)
今回、植物から光合成色素を分離する実験を行いました。材料は、ホウレンソウ、カイコの糞、ワカメ、焼き海苔です。毛細管を使って、色素の抽出液をTLC(薄層クロマトグラフィー)シート上の原点に染み込ませました。結果は、数種類の色素を分離することができました。しかし、カロテンやキサントフィル等の色素の区分があまりはっきりとわからない状態でしたので、もう少し繰り返して、原点に抽出液を染み込ませればよかったです。もし同じ実験をするチャンスがあれば、次はこういったことに気をつけながら成功させたいと思います。
0

ヘスの法則の検証

化学 5/2(金) ④限
  
生徒の感想(3年 普通科 大野宅海 嵐山町立菅谷中学校出身)
今回の実験は個体のNaOHの溶解熱、NaOH溶液とHCl溶液を中和反応させた時の反応熱、個体のNaOHをHCl溶液と中和反応させた時の反応熱を調べて、これらの経路からヘスの法則が成立するかを検証する実験でした。この実験の方法として、それぞれの溶液をフォームポリスチレン製のコップにいれよくかき混ぜて、10秒毎に3分間温度を測定し、その結果をグラフにまとめ比べるというものでした。今回の実験を通し、以前より化学に興味がわきました。
 
0

いろいろな細胞の観察

理数生物 5/2(金) ⑤限
 
生徒の感想(1年 理数科 有西龍也 川島町立西中学校出身)
私はいろいろな細胞を観察し、様々な細胞の形や大きさが分かったと同時に細胞についてもっと調べてみたいと改めて感じた。中学校では使うことのできない光学顕微鏡を使い、細胞について調べるのは新しい経験であり、とても嬉しく感じた。現在の世界では様々な細胞の研究がされており、細胞から臓器を作る事が出来るという話を聞いた。その時、私はそれを見てみたい、携わってみたいと思った。これから私はしっかりと勉強に励み、この経験を糧にして頑張っていきたい。
 
0

ミクロメーターで毛髪の太さを計測

生物基礎 5/1(木) ④限
  
生徒の感想(1年 普通科 平野陸央 川越市立川越第一中学校出身)
今回の実験では、毛髪の太さを計測した。松高で初めて顕微鏡を使ったとき、接眼ミクロメーターという目盛り付きのレンズが入っていたので驚いた。また、それを使って見ている物の大きさも測る事が出来るなんてすごいと思った。倍率によって一目盛りの大きさは違ってくる。そこで、対物ミクロメーターを使いそれぞれの倍率での大きさを出した後、実際に毛髪の太さを調べてみた。見た目ではやはり高倍率の方が大きく見えるが、計算するとなんと低倍率で見た時と同じ大きさだった。これにはとても驚いた。この経験を生かし、これからはもっとたくさんの小さな生物などの大きさや太さなどを測りたいと思う。
  
0