松高日誌

2021年9月の記事一覧

【修学旅行】事前学習

2年全クラスで修学旅行の事前学習として平和学習をしました。

広島平和記念館予習ハンドブックを使って原爆について学んだり、広島の原爆資料館の動画を視聴したりしました。

 最後に生徒たちは平和記念資料館のワークブックで振り返りをしました。

 

松山高校は、令和5年で開校100周年となります。

 すでにご存じの方が多いかと思いますが、松山高校には大正時代の旧校舎の一部を移築した「記念館」が存在します。

 その記念館は、令和4年夏の公開に向けて現在耐震・復元工事中につき全容を見ることができません。

 

 また、校門のロータリーに「継承 百年間の文武不岐」と100周年事業のスローガンが掲示してあります。

  

 松高のさらなる躍進に、ご期待ください!

【理科】物理 演示実験

3年理数科と3年特進物理選択の授業で物理の演示実験を実施しました。

 

これは電子線の演示実験です。

なんとこれは昭和58年に購入された備品です。

 

 

 

 

 銅板の上に強力な磁石を置き、板を斜めにすると磁石はゆ~~~くりと落ちていきます。

これは、うず電流の演示実験です。

 

 

硫酸銅の水溶液が電場と磁場の影響を受けて回転し始めました。

 

 

これはローレンツ力の確認実験です。

分かりやすいように、水溶液に発泡スチロールの粒を浮かべています。

 

 

 

 

 変圧器を用いて出力の電圧を上げ、放電現象を観察しています。

バチバチと放電の音も聞こえます。

【国語科】羅生門

国語科の矢野です。(7)

もうすぐ前期が終わろうとしています。
振り返ればあっという間で、ずいぶん濃い毎日でした。

 

夏休み前には、高校1年生の王道教材ともいうべき『羅生門』(芥川龍之介)を取り扱いました。

最後の授業では、この『羅生門』(芥川龍之介)と、「今昔物語集」第29「『羅城門』の上層に登りて死人を見たる盗人の話」の比較をしました。

 

昨年は『羅城門』を現代風に翻訳したものを使っていたのですが、
今年は、共同実践の際に松山女子高校から届いた『羅城門』のあらすじを教材として使わせていただきました。
わかりやすいイラストつきなので、
たとえば、最初から盗人! 朱雀大路に人がたくさんいる! など、
楽しく見つけられました。(松女のみなさん、ありがとうございます。)
【※8/31の投稿(松女との共同実践)をご参照ください。】

 

そして、この比較を参考に、
〈 芥川龍之介は『羅生門』で何を描きたかったのか 〉
という問いを考えました。
答えはひとつではない。生徒たちは、根拠をはっきりさせて自分なりの見解をまとめました。

 

楽しく学ぶのは、大切なことだと思います。

後期もわくわくする国語総合の授業を目指して、がんばります!

国語総合の授業のようす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ー生徒のコメントー【新井綾晟(鶴ヶ島市立藤中学校 出身)】

 この授業では、松女からもらった『羅城門』のあらすじを参考に、『羅城門』と『羅生門』の違いをさがし、芥川龍之介は『羅生門』で何を描きたかったのか、を考えました。

 僕は「人間の心情はすぐ人に左右され、変わりやすい」ことを描いていると考えました。授業の中で矢野先生が示した答えのひとつである「人間のもつ利己的な面」と近くて嬉しかったです。

 矢野先生の授業は、前回の復習ができるプリントを毎時間作ってくれたり、授業の中で自分の考えた答えがどうちがうか、どこを直せばいいかを教えてくれたり、先生の生徒思いな所が見える授業です。

【SSH】 科学探究Ⅱ 高大連携 東京電機大学

9月15日(水)理数科2年の科学探究Ⅱ化学物理分野で、東京電機大学理工学部教授の柏崎尚也先生をお招きして探究活動の指導をしていただきました。

 

 

 

↓化学分野 圧電素子

 

↓化学分野 酸化チタンを用いた人工光合成

 

↓物理分野 水車による発電の研究

そのほか、圧電素子を用いた歩道による発電の研究についてもご助言いただきました。

柏崎先生には今後も継続的にご指導いただく予定です。