松高日誌

2019年1月の記事一覧

SSHの取り組み 【SS数学講義】

1月22日㈫ 1年理数科、特進クラス対象にSS数学講義を実施しました。
講師に東京電機大学 理工学部 教授 硲文夫先生をお招きして「点字のふしぎ」というタイトルでご講演いただきました。

硲先生は、エレベーターに乗った時に目にした点字をヒントに、点字の読み方を「仮説」を立て「論理的」に考え「分析」し「実証」することで、点字の読み方を解読していく過程を自らの経験を元にお話しいただきました。これは理科や数学を学ぶ上で非常に重要なことで、ぜひ生徒たちにも身に着けてほしい考え方です。

点字を数学的に分析することで、講義の最後に生徒たちはある程度の点字を読めるまでになりました。

 

 

 

生徒の感想 上山基樹 (越生町立越生中学校出身)

SS数学講義でのタイトルは「点字のふしぎ」。点字にどのように数学が関わっているかを講義していただいた。

この講義での目標は点字の解読が出来るようになることだった。

6つの点の母音と子音の場所を覚えることで、文字を簡単に解読することが出来た。講師の先生が点字の法則を理解するために「論理的に考える」と「少しの記憶」が大事だと話していた。今後は数学や理科で答えの分かっているようなものでも、自分の中で論理的に仮説を立て活かすことが大切だと思った。また、少ない情報でも共通点を出し、その他の情報との共通点を論理的に考えることで少しでも答えに近づけばいいと思う。

3年生家庭研修

本日から3年生は家庭研修期間に入りました。

静かな3年生の教室・・・。いよいよ本格的な受験モード突入です。


今までやってきたことを信じて受験に臨んでください。

志望校に対する強い気持ちを持って突き進もう!
くれぐれも体調管理には気を付けて!
頑張れ3年生!!

サタデー・ミーティング

 1月26日(土)、サタデー・ミーティング(ミニ学校説明会)を開催しました。今まで本校の学校説明会に参加できなかった中学3年生を対象として行ったものです。風の強い寒い日でしたが、21組(40名)の皆様に参加いただきました。
 校長挨拶と学校概要説明の後、公募推薦で「筑波大学」と「埼玉県立大学」に合格している3年生が自身の体験を発表しました。本校の様子を理解していただけたら幸いです。
 受検生の皆さん、県立高校の受検まで約1か月、あと少しです。精一杯頑張りましょう。

 

SDGs

3年生は来週から自宅研修期間に入ります。
毎日、それぞれの教科の最後の授業が行われています。

ある英語の授業では演習授業を早めに切り上げて、
「SDGs・・・みんなで考えよう!」
という授業を行いました。

SDGs=Sustainable Development Goalsは国連サミットで採択された
国連加盟193か国が2030年までに達成するために掲げた目標です。
きっとロゴはどこかで見たことがあるでしょう。

これから、私たちのできることはなんでしょうか?
大きなことはできないけれど
電気を消すことはできるのでは?
割り箸をもらわずに自分の箸を使うことはできるのでは?
ペットボトルよりマイボトルを持ち歩くことはできるのでは?

そして考えました。SDGsに真っ向から反することは何でしょう?
貧困に陥り、食べ物がなくなり、健康が害され、学校に行けなくなり、
科学技術は思わぬ目的のために使われる・・・答えは明らかですね。

以前は冷蔵庫にフロンガスが使われていましたが、現在は使われていません。
ガソリン車一辺倒でしたが、今は電気自動車、ハイブリッド車もあります。
世の中はSDGsに向かって動き出しています。

これから大学に進学、または社会に出る君たちにできることはたくさんあります。
SDGs、ぜひ意識してください。

SSHの取り組み 【ロボカップジュニアジャパン】

1月13日(日)にロボカップジュニアジャパン2019 埼玉ブロック大会が埼玉大学で開催され、物理部4チームがレスキューリーグに参加しました。


ロボカップジュニアジャパンは、ロボットの設計製作を通じて次世代のRobo Cupの担い手を育て、次世代のリーダーとなるための基礎基本を身につけられる協同学習の場を提供し、競争の先にある協調を目指して実施されています。

 

レスキューリーグは被災現場に見立てたフィールドの先にいる被災者を救出する競技です。具体的には、フィールド内に描かれた黒のラインをトレースして、障害物を乗り越え、被災者に見立てたボールがある現場を目指し、そのボールを避難現場まで運びます。

立ち往生することなく速やかに障害物を乗り越え、坂道をスムーズに登り、被災者を素早く見つけて搬送できるかがポイントです。

このリーグで2年生1チームが準優勝しました。

 

 

 


生徒の感想 阿部駿斗 (坂戸市立千代田中学校出身)
 

ロボカップジュニアジャパンは、黒い線で作られた道に沿ってロボットを動かし、最後に被災者を模したボールを取って指定した場所に置いて得点を競う大会です。

今回、物理部では2年生2チームと1年2チームが参加しました。


前日までロボットのプログラムがうまくいかず、基盤の故障などで大慌てでした。全員がブロック大会に進み、1チームが準優勝することが出来ました。

この大会を通して、スケジュール管理や機体が故障したときのための事前準備などの大切さなどを学びました。この経験を活かして先を見越したスケジュール管理や準備をしていきたいです。