松高日誌

2018年8月の記事一覧

夏季休業後2日目


夏季休業後2日目、本日は1、2年生は課題テスト、3年生は授業でした。
テストは夏休みの学習の成果を出そうと、みんな一生懸命に取り組んでいました。

午後は部活動に励む松高生!
多くの部活動が新体制となり、新人大会に向けて練習していました。


~剣道部の様子~

明日からは通常授業が始まります。
文武不岐の実践、まだまだ暑い日が続きそうですが、松高生は頑張ります!

学校スタート

夏休みが明け、今日から学校がスタートしました。
記録的な猛暑となった夏でしたが、今日も生徒は元気な姿を見せてくれました。

全校集会


夏休み中は部活や夏季松高塾などに一生懸命取り組んだ生徒たちですが、
次に控えているのは、9月8,9日の松高祭
松高生の熱い夏はまだまだ続きそうです!


松高祭

SSHの取り組み 【バイオサミット】

7月30日(月)~8月1日(水)に山形県鶴岡市で開催されたバイオサミットに生物部が参加してきました。
バイオサミットin鶴岡はバイオ研究の世界的な拠点である山形県鶴岡市にて、日本の将来を担う全国の高校生が集結し、世界最先端の研究施設を見学するとともに、生物学に関する日ごろの研究成果を発表し合います。
今年は生物部の「アニサキスのトランスポゾンはサケ目から来たのか?」が優秀賞、その発表者である星野直樹君が審査員特別賞に輝きました。

   


生徒の感想 星野直樹(富士見市立富士見中学校出身)

山形県鶴岡市で行われた第8回高校生バイオサミットin鶴岡は全国の高校生が研究の成果を発表したり、議論したりする大会です。
大会には一次審査を通過した、レベルの高い研究が集まっていました。
私はこの大会で、聞いている人に研究の内容を伝え、質問に正確に答えるなどの能力を培うことが出来ました。
また、研究内容で優秀賞と、発表者個人の審査員特別賞をいただくことが出来、努力してきたのでとても嬉しく思っています。
今後は、部の後輩たちにさらに優れた賞を目指して努力し続けてほしいと思います。

文化祭へ向けて着々と!

松山高校の文化祭、松高祭は9月8日(土)、9日(日)に開催されます。
夏休み中も準備が進められています。

生徒会が中心となって企画・運営をします。
エアコンのない生徒会室ですが、
ドアを全開にして仕事をしています。


この黒い一団は?・・・應援團です。
文化祭2日目の「紫薫の集い」に向けて
OBや3年生から熱い指導が入ります。


吹奏楽部は3年生が引退し、1・2年生が練習中です。
2日目10時から体育館で演奏をします。


英語部はクイズ「英語で松高王」を行ないます。
Q: It is black.  It is something to drink.
    It is bitter. It is....
A: Coffee!
という感じでしょうか?


皆様のご来場をお待ちしています!

1,2年生理数科・特進クラス 学習合宿

 本日(21日)より、1,2年理数科と特進クラスの学習合宿がスタートしました。24日までの3泊4日、嵐山町にある国立女性教育会館(ヌエック)での開催です。
 本日午前は、開校式に引き続き、2年理数科の生徒は外部講師による英語プレゼンテーションに関する講義に、他の生徒は模試に取り組みました。

 この合宿を通じて、仲間と切磋琢磨しながら「集中して勉強するコツ」「計画的に勉強するコツ」も身に着けてください。より有意義な合宿となるよう期待しています。