松高日誌

2018年7月の記事一覧

第一回学校説明会

7月29日(日)、東松山市民文化センターにて
第一回学校説明会が行われました。

397組、769名のご参加をいただきました。
入試の説明、理数科の説明、進路指導の説明の後、
在校生4人が学校生活、理数科、部活動について話をしました。

生徒の話はそれぞれ自分の体験に基づくものでしたので、
中学生の心に響いたようでした。

全体会の後の個別相談会には32組の相談がありました。

中学生の皆さん、暑い夏ですがしっかり勉強をして
松山高校を目指してください!

   

   


真夏のマラソン!

この炎天下で?マラソン?

本校の3年生はEnglish Marathonにチャレンジ中です。
第1回、スタート~10㎞は5月に、
第2回、10㎞~20㎞は7月に行われ、
最終回、20㎞~42.195㎞は8月末に行われます。

個人の上位争いは第2回を終えて、かなり接戦となっています。
また、クラス対抗は現在のところ理数科がトップですが
ほんの僅差で2位以下のクラスが迫ってきています。

使い込まれた単語帳は手触りが柔らかくなり、
片手にすっと馴染むまでになってきています。

勉強の合間に、電車の中で、食後のひとときにも・・・

がんばれ、松高生!

男子校にだって・・・こんなこともあるんです!

今日は書道部の合同練習の日でした。
松山女子高校の生徒30人と、東京農大三校の生徒11人が来校し
本校部員5人と一緒に活動しました。

午前中は「再び今を生きる事は出来ない」を半紙に書き、
皆で講評し合いました。

いつもと違う雰囲気の書道室でした。



一通の手紙


松山高校野球部の白岡高校との試合を観戦された方から
本校宛てに一通の手紙が届きました。

(略)
過日、私は御校と白岡高校の野球の試合を、拝見いたしました。
私は、生来白岡市に住んでおりますので、白岡高校側の1塁側内野スタンドで、観戦を致しておりました。
試合は、ご案内の通り、白岡高校が勝ちました。
私が、心を揺さぶられたのは、その試合結果に増して、松山高校の野球部の皆さん、そして
応援団の皆さん、関係者の皆さん、一体となった奮闘ぶり、その応援の見事さでした。
御校とは、何分ご縁は薄い今日まででしたが、その伝統、母校愛、団結、連帯力をみなぎらせた皆様に心から敬服いたしました。
特に「空は晴れたり」は圧巻でした。
一言お礼を申し上げたくなりまして、お手紙を差し上げた次第です。
この後はいちファンとして、皆様の奮闘ぶりを拝見させていただきます。
真夏の篤い感動をいただき、本当に有難うございました。

このようにして、松山高校のファンになり、応援をしてくださる方もいらっしゃるのですね。
こちらこそ、本当にありがたい限りです。
感謝の気持ちを込めて、お披露目いたします。



(その日の応援の様子)

学習合宿終了


7月22日(日)からヌエックにて行われていた3年生理数科・特進の学習(進学)合宿が
25日(水)に終了しました。

この暑さの中、勉強漬けの4日間を過ごすことができました。
途中、眠くなったり、中だるみに陥りそうになりながらも、
仲間と叱咤激励し合いながら乗り切りました。

夏休み初めに行なわれるこの合宿で
自分の弱点の発見もできたでしょうし、
勉強し続けることへの挑戦にもなったでしょう。

ガンバレ、松高生! ここからだ、松高生!