松高日誌

2018年2月の記事一覧

学年末考査 3日目

本日は学年末考査3日目と3年生の登校日でした。
3年生は、久々の登校だったため、友人との会話
がとても盛り上がっていました。
すでに進路が決まっている生徒やこれから結果を
待っている生徒がいますが、卒業式まであと2週間です。

松高生としての生活もあとわずかです。
1日1日を大切に過ごして下さい。

頑張れ、松高生!!

SS講義 [【世界へのトビラ】

理数科2年生のSS講義「世界へのトビラ」では日常生活ではほとんど接する機会のない国の方々と交流することを目的に実施しています。
2月14日(水)にコロンビア出身の鈴木マルタエレーナ様をお招きしてコロンビアについて講義していただきました。

 

 

生徒の感想 武田哲士(川越市立初雁中学校出身)

今回の講義は、コロンビアの食文化や、民族、宗教、言語や学校制度を学べるような内容でした。コロンビアは決まった主食が無く、3歳の子供から大人までスムージーを飲んでいたり、カーネーションの名産地で日本の約70%のカーネーションはコロンビアから輸入されたものだと聞いて驚きました。小学校は5歳から始まり、高校受験が無く、小中高一貫で同じ校舎で授業があるため時間帯で分かれていることや、小学校一年生の頃から落第があると聞いて、日本とコロンビアの教育制度の違いを実感しました。この講義を通して、自然豊かで花とコーヒー、果物の名産地であるコロンビアをより深く知りたいと思いました。

学年末考査1日目

 2月23日(金)、本日は学年末考査1日目です。1年の総まとめとして、生徒は真剣に考査に取り組んでいました。
 朝降っていた雨は昼前にはあがり、午後からは青空が戻ってきました。冬枯れのビオトープにも早春の日差しが感じられました。考査期間中のグラウンドは静かでした。

  

学年末考査前日

本日は、高等学校の入学試験の志願先変更日(1日目)でした。



松高は明日から学年末考査です。
本日は4限までの授業なので、松高生の午後は勉強一色となることでしょう。
今年度最後のテストです。頑張れ松高生!!

SSHの取り組み 【SS講義 生命倫理】

2月13日(火)理数科2年生を対象に生命倫理の講義を実施しました。講師は北里大学一般教養学部の鵜澤和彦先生です。


 

 
講義では生命の尊さやQOL(quality of life)、神聖さSOL(sanctity of life)についてや新型出生前診断の試験的導入による生命の選択問題などが話されました。

生殖補助医療の倫理的問題として、自分たちの都合で生命を選択したり、生命を操作して良いのか?それは優勢思考や障害者排除の倫理、ひいては人権侵害につながるのではないかとしながらも、子供を望むときに親が「五体満足で生まれてほしい」と思うのは普通であり、それは優勢思考と言えるのか、などの話がありました。


 

また、それらの問題の背景にある不妊治療や難病治療などについての講義もされたうえで、救世主兄弟の問題についてグループディスカッションをしました。

鵜澤先生は最後に生命倫理について「答えは一つではない。私たちが生きている社会・歴史に照らし合わせて、自分の考えが社会的歴史的にどうなのか考えていかなければならない。いろいろな立場の人と話し合い、広い視野を持つ必要がある」とまとめられました。


生徒の感想 高野翔多 (志木市立志岐中学校出身)

生命倫理の講義では、生命の尊厳と生活の質の2通りの考え方を学び、先端医療技術の現状を知り、倫理的問題について考えた後、この技術をどのように使うべきかという観点から、救世主兄弟の善悪についてのグループディスカッションを行いました。
この講義を通して、先端医療技術がもたらす利害について深く考えることが出来ました。時代が進むにつれ、科学技術も進歩しているこの世界で、いかにして人間の立場を確立させ、個人の意見を尊重し、人権を守っていくかというのが今後の課題だと思いました。

学年末考査2日前

今週末から、学年末考査が始まります。

普段の放課後は部活動で賑わっているグラウンドですが、本日は一人もいません。


松高生、「文武不岐」の実践ですね!

1年間のまとめのテストとなります。頑張れ、松高生!!

SSHの取り組み 【生徒研究発表会】


2月10日(土)本校においてSSH指定第2期1回目、通算6回目となる生徒研究発表会と、近隣の小中学生対象の松山高校科学展を開催しました。



午前中は視聴覚室にて校内選考を通った物化生地の各科学探究の授業で研究された4本とSS理数数学、
理数系部から合わせて10本の口頭発表を行いました。



 

 

 

どの発表でも積極的な質疑応答でした。


午後はHR棟にてポスター発表と松山高校科学展です。

 

 

午前中に口頭発表をしたグループも含めて1,2年生合わせて40本のポスター発表が、松山高校科学展には27本の展示、発表がありました。



同時に成果報告会、運営指導委員会も行われ、2期目を迎えた松山高校SSHに対し、運指導委員の方々から様々なご意見をいただきました。



生徒の感想 2年理数科 側髙柊吾 (東松山市立東中学校出身)

SSH生徒研究発表会は理数科にとって最も重要な行事の一つです。理数科の物化生地それぞれの研究や、理数部活の研究など理系の人には有意義な発表会です。
私は数学のじゃんけんの確率についての研究を発表しました。夏休みの数学の自由研究課題をさらに改善して内容を深めて完成させ、発表もとてもうまくいったので良かったです。私は今まであまり人前に立つことが無かったのですが、今回のように自分で内容を考え、実際に発表するという経験が出来たことは、非常にいい機会だったと思います。

1年理数科 奥田大翔 (坂戸市立桜中学校出身)

今回のSSH生徒発表会は先輩方や理数科系部活動の方々が、研究してきたことを発表する会で、午後には近隣の小中学生も参加したポスター発表会がありました。
私にとって学ぶことがたくさんあった発表の中から、印象が強かったことを2つ挙げたいと思います。1つ目は「まとめる力」です。具体的には話の内容や配布された資料が分かりやすいということです。相手に何かを伝えるには分かりやすのが一番だと改めて思いました。もう1つは発表後にされる質問に対する返答です。一生懸命に研究を行っていなければ聞かれたことを正確に説明することが出来ないと思いました。今回学んだことを来年の自分たちの発表に活かしたいです。

考査に向けて

学年末考査まであと3日。
今年度最後の考査に向けて、松高生は勉強に励んでいます。

暗くなった後も自習室の光はついています。


非常に重要な考査です。最後まで気を抜かずに!
頑張れ松高生!!

最近の出来事

 2月16日(金)、1・2年生の学年末考査1週間前となりました。生徒は考査に向けて全力で取り組んでいます。

 さて、本日は、「最近の出来事」を2つ紹介いたします。

 1つ目です。
 1年9組堀野祐人君が、平成29年度埼玉県高等学校読書感想文コンクール「自由読書部門」で、県内上位9名に相当する優良賞を受賞し、2月14日(水)にさいたま文学館で行われた表彰式に出席しました。「絶望名人カフカの人生論」という本に対する感想であり、9名の入賞者の中で唯一の男子生徒でした。
 
  

 2つ目です。
 2月14日(水)午後、近くにある東松山市立松山中学校の2年生男子生徒約80名が、上級学校訪問として来校しました。約2時間という限られた時間でしたが、「高校についての説明」「校内見学」「授業体験」を通じて、少しでも「高校の雰囲気」や「中学校と高校の違い」などを感じてもらえれたなら嬉しいです。
 下の写真は授業体験の様子です。担当した本校の教員は、教室備え付けのプロジェクターを活用して授業を行いました。

  
           ≪国  語≫                     ≪英  語≫
   
           ≪数  学≫                      ≪社  会≫

1学年LHRの時間

本日は、6限の時間に1学年のLHRの時間を覗いてきました。
すると、どのクラスもグループワークをしていました。

~クラス風景~


自分の行動の優先順位は何かを考えていました!!
学年が変わる前のこの時期に、自分たちが何を大事にしているか、
これから何を大事にしていきたいか、よく考えていました。



入学からそろそろ1年経ち、学校にも環境にも慣れてきたこの時期に、
とても大事な時間であったと思います。
2学年は進路講演会でした。どの学年も新学年に向かっています。

考査1週間前となり、明日からは部活動も学年末考査前のテスト休みに入ります。
最後の試験も新学年に向かって頑張れ松高生!!