松高日誌

2018年1月の記事一覧

朝の風景

 連日寒い日が続きます。1月30日(火)朝8時ころの様子です。
 記念館前の池はしばらく凍ったままです。先日の雪も日陰にはまだ多く残っています。
 
  

 そのような中で、生徒は本日も元気に登校しています。グラウンドで朝練習をしている部活動もありました。
 中庭の梅のつぼみも膨らんできました。

  

  

授業風景

本日、1-8の国語の授業を覗いてみると…

~授業風景~


国語の漢文の授業でした!
生徒たちが自分で考えるような授業で、活発に動いていました!!



ほとんどの生徒が意見交換するために自分の席を離れ、
がんばっていました!!

教科書に載っていることだけではなく、何事も自分で考える力を
どんどん身に付けてほしいです!!頑張れ松高生!!

土曜授業

寒い日が続きますが、松高生は元気です。

1時限目の1年生体育(柔道・陸上競技)にお邪魔しました。
外も柔道場も凍えるような寒さでしたが、大きな声を出し、元気よく活動していました。



インフルエンザ等が猛威をふるっていますが、体力をつけ、負けない身体を作ってほしいと思います。

頑張れ、松高生!!

教卓×教壇×プロジェクター

昨年8月に行われた、大規模改修の一環として、教室の教卓、教壇が新しくなり、さらに各教室にプロジェクターが設置されました。

(新しい教卓と教壇、そして頭上にはプロジェクター!黒板下の板張りと新しい教壇が良く合いますね!)



上の写真にあるようにスクリーンも各クラスに配られています。
そしてさらにこのアイテム!


電子ペン!
このプロジェクター、投影するだけでなく、電子黒板としての機能も持っています。
電子ペンを使うとプロジェクターから投影されている画像等に書き込みができます。


プロジェクターが導入されて以降、多くの先生方がすでに活用しています。
松高の学習環境がどんどん良くなりますね!

良い環境で一層勉学に励もう!頑張れ松高生!!

SSHの取り組み 【立志講演会】

1月18日㈭ 松山高校の卒業生で伊藤忠商事株式会社 元常務取締役 吉野芳夫氏をお招きし、「商社マンの目から見た~世界&日本の食料問題」というタイトルで講演していただきました。

吉野芳夫氏は松山高校の卒業生です。東京大学を卒業後、一貫して食糧・食品業界で活躍されてきました。

 

生徒の感想 鈴木晃誠 (越生町立越生中学校出身)

吉野さんの話を聞いて、とても自分のためになったと思います。吉野さんが「学歴ではなくやる気があるのか、そしてしっかりと自分の考えを持っているのかが大切だ」とおっしゃっていて、企業はそういったことを求めているのだなと、今の日本の社会がどうなっているのか知ることが出来たし、進路を考える上でとても役に立ったと思います。
だから、これから一人の社会人になる身として、自分自身の目でしっかり確かめ、やりたい事を見つけ、それに向かってチャレンジしていきたいです。