松高日誌

2017年11月の記事一覧

家庭基礎「保育体験」

 11月から12月にかけて、1年生普通科の「家庭基礎」の授業で、生徒が近隣の幼稚園・保育園・小学校を訪問する「保育体験」を行っています。2時間程度の時間ですが、生徒は、「お兄ちゃん先生」として子供たちと一緒に遊んだり、話をしたり、本の読み聞かせをしたり、絵を描いたり、貴重な体験となっています。協力いただいている園や学校の皆様、ありがとうございます。
 写真は、先日訪問した保育園での一コマです。