松高日誌

2015年10月の記事一覧

1年生保育実習

この時期,1年生が家庭科の授業を使って保育園や小学校で実習をしています。
本日も1年生のあるクラスが小学校の低学年のクラスで実習をしました。
 


終了して松高に戻ってきた生徒たちは,小学生の純朴さや元気の良さに,懐かしさを感じているようでした。
様々な体験が成長させてくれる!何事にも積極的にチャレンジ!
頑張れ!松高生!

面接指導

大学受験に向けて面接指導が本格的に始まりました。
練習をしっかり行って、試験当日に実力が出し切れるように頑張ってほしいです。

屋上より


大分日が短くなってきました。



夕方の松高では生徒たちが部活動に励んでいます。
テストも終わり、また精力的に活動しています。

松高の屋上からは様々な部活動の様子が見られます。
普段あまり見られない場所からの松高生の様子をご覧ください。

第1グランドでは野球部・陸上部


テニスコートではソフトテニス部


中庭では應援團


屋上にある天文ドームでは地学部



松高生それぞれの秋が深まっているようです。
是非充実した活動にしてほしいですね。
ファイト松高!

後期一次考査 最終日

本日は後期一次考査の最終日でした。
どの学年も2科目の試験を受けた後、明日の学校説明会のために大掃除を行いました。
また、本日から、試験期間で休止されていた部活動がスタートしました。

PTA大学バス見学会

本日は,PTA大学バス見学会がありました。
文系コースは,午前中に青山学院大学へ,午後は成城大学を見学しました。
 
写真は上が青山学院大学,下は成城大学

理系コースは,午前中に東京農工大学へ,午後は明治薬科大学を見学しました。
 
写真は上が東京農工大学,下が明治薬科大学

それぞれの大学では,パワーポイントで詳しく大学の内容を説明していただいた後,キャンパス見学をさせていただきました。大学ごとに施設・設備に特徴があり,パンフレットではわからないことを学びました。

後期一次考査 2日目

本日は、後期一次考査の2日目です。
生徒は、明日のテストのために最後の追い込みをかけているようです。
ぜひ、明日のテストも頑張ってください。

放課後の自習室の様子

後期一次考査 1日目


本日より後期一次考査が始まりました。
晴れた空のもと、カーテンの向こう側では生徒たちが日ごろの成果を発揮すべく考査に臨んでいます。





最後まで気を抜かず、がんばれ松高生!

後期1次考査前日


明日からの4日間、後期1次考査が実施されます。
考査前日の今日は午前中4時間の授業。

今日も全力で授業に臨む松高生の姿がみられました。


考査前日の授業風景(1) 


考査前日の授業風景(2) 晴天のグランドにて体育の授業にとりくむ松高生

明日からの考査も全力で頑張れ松高生!

陸上部ハンマー投げ 国体6位

 

陸上部 3年 伊東優成 君(川越市立大東中学校出身)のコメント

 まず初めに,ハンマー投げを指導してくださった川田先生およびいろいろお世話していただいた先生方や先輩,常に励まし手伝ってくれた友人,後輩に厚く御礼申し上げます。
 昨年は国体に出場できず,今年選ばれたときは大変うれしかったのですが,「チーム埼玉」の一員として,最低でも入賞しなければいけないという緊張感がありました。国体はインターハイと違って「チーム埼玉」として全国1位を目指す大会であるからです。結果として,6位に入賞することができ,うれしいとともに埼玉県に貢献でき正直ホッとしました。
 私は直前の合宿で怪我をしてしまい,ベストな調整ができませんでした。試合中,1投目,2投目,まったく思うような投げができず,トップ8に残ることも危ない状態でした。「最後まであきらめない」と何度も自分に言い聞かせました。この「最後まであきらめない」という言葉を試合前日の夜のミーティングで成年選手の方からいただきました。3投目でかろうじてトップ8には残りました。4投目,5投目で記録を伸ばし,自己ベストには及びませんでいしたが6位に入賞することができました。この国体で「最後まであきらめない」気持ちの大切さを改めて学びました。
 私は,これから先もさらに上を目指してハンマー投げを続けます。国体で学んだ「最後まであきらめない」という気持ちで練習を頑張れば5年後の東京オリンピックも夢ではないと信じています。後輩のみなさん,陸上競技に限らず自分の夢に向かって目標を達成できるように,今が良くても悪くても常に前向きに,最後まであきらめずに今しかできないことを精いっぱいやってください。
 最後に陰ながら支えてくれた父と母と姉に感謝しています。

噴水

本日、3年生はアンモニアに関する実験を行いました。
アンモニアが水によく溶ける性質を利用したこの実験は、フェノールフタレイン溶液及びチモールフタレイン溶液がアンモニアと反応して、鮮やかな赤及び青に変化しました。
テストもこの調子で頑張っていってほしいです。

山岳部 関東高等学校登山大会

 


山岳部 安部優真君(2年 三芳町立三芳東中学校出身)のコメント

【私たち松山高校山岳部は、5月に県内で行われた学総体で埼玉県代表に選出され、10月2日から4日にかけて、群馬県で開催された関東大会に出場しました。岩場が多く、関東大会にふさわしい難度の高いコースでしたが、天気にも恵まれ、武尊山山頂では見渡す限りの雄大な山々を堪能することができました。また、県外の学校とも交流することができ、いつもの山行とは違った有意義な3日間となりました。来年度は全国に出場できるように頑張りたいと思います。】

考査1週間前

今日は考査1週間前です。
部活動は禁止になり、生徒たちは教室に残って勉強しています。

ラグビー部の生徒


野球部の生徒
 

しっかり気持ちを切り替えてやっていますね。
その意気で考査に臨もう!
がんばれ松高生!!

体育祭

本日は第68回の体育祭が岩鼻運動公園陸上競技場で行われました。
強風ではありましたが,快晴で清々しい体育祭になりました。
 

 

 

 

優勝は3年2組でした!3年2組は球技大会と2冠を達成しました!
来月の比企一周駅伝で優勝すれば3冠達成になります。
今月20日からは後期1次考査が始まります。明日から切り替えて,頑張れ!松高生!

柔道部 秋季北部地区高校柔道大会 個人・団体戦優勝



柔道部 丹羽大輝君(2年 寄居町立寄居中学校出身)のコメント

【今回行われた秋季北部地区高校柔道大会で団体戦及び個人戦-60kg級優勝という結果を残せて、夏休み中の辛さや苦しい過酷な練習をしてきて心底よかったと思いました。特に個人戦の決勝進出が決まった後、森先生から「決勝に誰がきてもお前の力があれば勝てるから思いきってやってこい」と言われたとき自信と勇気が湧き、心に残る優しい言葉でした。今度は全国に向けて、1月に開催される県予選では、個人で優勝、そして団体でも上位に入れるように練習をもっと頑張っていきたいです。】

第50回英作文コンテスト

10月5日(月)第50回英作文コンテスト(埼玉県高等学校英語教育研究会主催)がクレアこうのすで行われ、本校から1年生1人、3年生5人が参加しました。
学年別に和文英訳5題及び共通の自由英作文1題が出題され、制限時間80分の中で答えます。
今年の自由英作文は、「あなたは国連の高校生親善大使に応募します。自分と日本をPRし、どの国に派遣されたいかについて、150~200語程度の英文を書きなさい。」でした。本校の生徒たちはどんな主張を展開したのでしょうか。
参加した生徒は、「楽しかった」と感想を言っていました。手ごたえがあったのでしょう。英語が好きな生徒ばかりが150人以上集まった空間が新しい経験だったのかもしれません。
「勉強の秋」の一日でした。

水泳部 インターハイ出場

水泳部 岩田尭久君(3年 東松山市立南中学校出身)のコメント

水泳でインターハイに出場した岩田です。インターハイ出場は高校在学中の目標であり、1,2年生の時は逃してしまったので出場できて嬉しかったです。久しぶりの全国大会で緊張していましたし、結果もベストタイムを出すことができませんでしたが、速い選手と泳げ、友人がいい結果を出しているのを見られてものすごくいい刺激を受けることができたのでよかったです。今回の経験を生かせるように、頑張って大学に入学し、日本学生選手権に出場したいと思います。

秋季埼玉県高校野球大会



野球部 清水凌 君 (2年 深谷市立川本中学校出身)のコメント

今回の秋季大会には来春の選抜高校野球に出場するチャンスがあったので,私たちは全身全霊を賭けていました。

県大会出場を決めたとき,私たちは出場校37校中で最も弱いチームであると自分たちに言い聞かせ,どこの学校が対戦相手でも挑戦者としてチャレンジ精神を持って戦うことを決めていました。個々の能力が高いチームではないため,練習を通してチーム力を上げ,試合を重ねるごとに少しずつ成長していこうと声を掛けていました。結果は3回戦で上尾高校に2対6で敗れてしまいました。この試合の敗因はメンバー一人一人の勝負弱さが出てしまったことにあると分析しています。

私はこの結果がとても悔しくて仕方ありません。この悔しさをばねに,この冬,チーム全体で体力,精神,そして学力のレベルを上げ,来年の春夏に自分たちの松高野球で強豪校とも好勝負ができるように努力していきます。

最後に,今大会もたくさんの方々の応援をいただきまして,ありがとうございました。