松高日誌

2013年6月の記事一覧

水泳部関東大会出場

山口慶矢君(3年 坂戸市・城山中出身)のコメント
【私は6月22日~24日に行われた学校総合体育大会で50メートル自由形、100メートル自由形、フリーリレー、メドレーリレーに出場し、50メートル自由形は大会新で優勝しました。100メートル自由形は2位、フリーリレーとメドレーリレーはどちらも7位で、出場した種目全てで関東大会出場を決めました。松山高校としても8位に入賞できたことはとても嬉しいです。
個人種目ではインターハイの標準はもうクリアしているので、リレーで皆と全国の舞台に立ちたいと思っています。
これからはもっと意識を高く持って練習にのぞみたいと思います。応援よろしくお願い致します。】

陸上競技部 関東大会総合準優勝

 
舛田龍之介君(3年 富士見市・勝瀬中出身)のコメント
【私たち陸上部は、先日行われた関東高等学校陸上競技大会において、総合準優勝という結果を残すことができました。
北川翔の100M優勝、200M2位、走り幅跳び3位をはじめとし、4×100mR(奥・福島・舛田・北川)が2位、齋藤淳平がハンマー投げ3位と、5種目8名でのインターハイ出場を果たしました。
応援してくださっている方々の期待に応えられるように、そして一緒に頑張ってきた部員全員の思いを胸にインターハイでも力を尽くしたいと思います。応援をよろしくお願いします。】

詳細結果は陸上競技部のページ(こちらをクリック)をご覧ください。


6月18日 進学力グレードアップ講座「数学の学び方講座」

 
 
 
 
 
 
 
 
  担当:東京理科大学教授 清水 克彦 先生
東松山市立東中学校出身 2年5組 有路冴樹
 今回の講義『オイラーの多面体公式をめぐって』を受けて、数式や図形の問題を解く楽しさを改めて感じました。高校の数学では新たな単元を習う上でどうしても決められた公式で機械的に問題を解いてしまう傾向があります。しかし、この講義では、一つも問題に対してどのような公式を使うのか、またどのように変形するのかをじっくり考える必要があることを学びました。大学受験に向けての勉強も一層頑張っていきたいと思いました。