松高日誌

2012年7月の記事一覧

応援団 夏の大会を終えて

小田 穂君(小川町・西中出身)のコメント
【今後、自分の人生で一生忘れられない夏が終わりました。野球部、応援団両方の3年間の集大成である夏野球応援でしたが、残念ながら八潮南高校に惜しくも敗れてしまいました。勝利以外は考えていなかったため、負けた瞬間、頭が真っ白になり、数秒後に涙が出てきました。しかし、終わった後は、後悔の気持ちよりも、この野球部を応援できた事に対する嬉しさの方が圧倒的に大きかったです。本当に自分は幸せ者でした。
最後に、球場に足を運んでくださった松高ファンの皆様、先生方、保護者の皆様、松高生、OB諸兄、本当にありがとうございました。来年こそは、甲子園に行ってくれます。今後とも応援、よろしくお願いします。引退する3年野球部員、本当にお疲れ様。ありがとう。】

野球部 夏の大会を終えて

金子章太郎君(野球部3年 鴻巣市・鴻巣西中出身)のコメント
【夏の終わりは突然にやってきました。自分たちを、松山高校を応援してくださるすべての方々の期待を大きく裏切る初戦敗退。実際まだ気持ちの切り替えが全くできていない状態です。今年のチームは、下級生の時から試合に出ていた者が多く、十分に甲子園に行ける可能性をもったチームでした。野球の神様は、なぜこのような結末を試練を自分たちに与えたのかはいまだにわかりません。しかし、いつまでも下を向いているわけにはいきません。懸命に前を向いてがんばっていこうと思います。皆様、今回はこのような情けない結果になってしまい、本当に申し訳ありませんでした。来年こそはやってくれると思うので、今後も松山高校をよろしくお願いします。】

ソフトテニス部インターハイ出場

ソフトテニス部インターハイ出場
 
高木雄生君(さいたま市・尾間木中出身)のコメント
【二年連続でインターハイ出場を決め、ほっとしています。前日の個人戦で優勝した二年生ペアが全勝し、個人戦でインターハイ出場を逃した三年生ペアが踏ん張り、何とかつかみ取った団体戦優勝でした。
新人戦・インドアと二連覇しましたが、関東予選はまさかの三位となってしまいとても悔しい思いをしました。しかし、最後は選手と応援が一体となって全員で戦い掴んだ優勝だと思います。
昨年のインターハイでは、優勝した東北高校に敗れ、二回戦で敗退したので、今年はベスト8を目標に頑張りたいです。】

1年2組水泳大会優勝

大野宅海君(嵐山町・菅谷中出身)のコメント
【僕たち1−2が水泳大会で優勝できた理由は2つあります。1つ目は団結力があったからです。僕たちは最初、団結力があったものの良い方向には行っていませんでした。しかし、担任の先生が僕たちの団結力を良い方向に持って行ってくれたおかげで、優勝できたのだと思います。2つ目は、個々の能力をいかして戦った事です。例えば体格のいい人を水球に出したり、750mリレーで水泳部や速い人を最後に出したりしたので、最後の最後で逆転できたのだと思います。この調子で体育祭や、比企一周駅伝でも優勝したいです。】
 
優勝1−2  2位1−4  3位1−1

映像制作部より

遅ればせの鎮魂歌上映
 
平和祈念ビデオ制作コンクールで特別賞をとった「遅ればせの鎮魂歌」が、東松山市の埼玉県平和資料館で上映されます。
 
7月28日(土) 午後1時30分〜  映画「異国の丘」の前に上映されます。
 
埼玉県平和資料館ホームページ 
 
埼玉県ホームページ