松高日誌

2011年10月の記事一覧

第63回 科学教育振興展覧会中央展 審査結果

 
10月31日、市内平野公民館で科学教育振興展覧会中央審査結果の表彰式が行われました。
本校からは生物部2点、化学部1点を西部地区展に出品し、西部地区代表11点の中に3点が選ばれ、中央点に出品されました。【西部地区:川越女子高校(5)・松山高校(3)所沢高校(1)所沢西高校(1)川越高校(1)】
中央展は、西部地区(11点)・南部地区(8点)・東部地区(5点)・北部地区(6点)の計30点で審査されました。その結果、優秀賞7点の中に3点とも入り、そのうち1点は全国発表(特別賞3校+3校)となりました。
最終結果は、以下の通りです。
知事賞・・・所沢高校  教育長賞・・・春日部女子高校  議会議長賞・・・浦和西高校
優秀賞・・・松山高校(3点)・浦和東高校・蕨高校・川越女子高校・春日部女子高校

松高点描 〜34〜

先週後半から、「センター試験」までのカウントダウンが始まりました。10月29日現在、あと「77日」です。
この看板は、生徒会本部の生徒たちが「3年生の先輩方に頑張ってもらいたい」という願いを込めて作ったものです。

第64回 体育祭 結果?

クラス総合
優勝 3年2組 
小笠原 蓮君(鶴ヶ島市・富士見中出身)のコメント
【私たち3年2組は、団結力が強く、雰囲気も良いクラスです。高校生活最後の体育祭は、クラス全員で“総合優勝”という大きな目標を掲げ、練習を重ねてきました。本番では一人一人が潜在能力を開放し、本来の自分の力以上のものを発揮しました。その結果、2800mリレーで総合1位を獲得し、目標だった“総合優勝”をクラス全員の力で達成することができました。
 3年2組は、松高史上“最強”にして“最高”のクラスです。】
*写真は2800mリレー後の胴上げの様子です。
 
2位 3年8組
大塚聖也君(吉見町・吉見中出身)のコメント 
【体育祭で私たちのクラスは総合2位という結果を残しました。総合優勝できなかったのは悔しいですが、とても良い思い出になりました。その中で特に嬉しかったのは、団体種目である大縄跳びと綱引きで1位になれたことです。団体競技は、クラスが団結していないと勝てない種目なので、私たちの団結力を見せつけることができたと思います。】 
 *写真は2800mリレーのアンカーを務めた副担任の初任教員がゴールする様子です。
   
3位 2年2組
斉藤 海君(川越市・大東西中出身)のコメント
【僕達2年2組は、総合3位というとても良い成績を残せました。それも結果に現れているようにクラス全員が頑張ってくれたおかげです。特に大縄跳びでは、1位にもなり大会新記録も出せて、2800mリレーでは全体で2位という、個人種目ではなく団体での種目で結果を残せました。個人でも走幅跳と100mで1位を取ったクラスメイトもいてとても嬉しかったです。優勝を目指していて、結果は3位で悔しいかったですが、良い体育祭となりました。】
*写真は第2位となった2800mリレーのバトンパスの様子です。

第64回 体育祭  結果?

1500m 記録 4分28秒23
 杉田史弥君(2年 秩父市・尾田蒔中出身)のコメント
【念願だった1位になることができてとても嬉しかったです。昨年は、3位という結果だったので尚更でした。このような好成績が出せたのは、やはり、クラスや友達のサポートがあったからこそだと思います。緊張をほぐすために積極的に声をかけてくれたり、マッサージなどをしてくれました。また、競技中にも「頑張れ!」と応援してくれました。感謝、感謝です。今度は、自分がクラスや友達のサポートをしていきたいです。】
     
 80H 記録 11秒40
長崎晃太君(3年 坂戸市・泉中出身)のコメント
【私は80mHに出場し、11秒40という記録で優勝することができました。
 私は1年次も80mHに出場しており、優勝しました。しかし、2年次には2位という結果に終わってしまいました。こういったことを踏まえて、今年の80mHには特別な思いがあったので、優勝できた時の喜びはとても大きかったです。また、クラスの応援もあり、すごく励みになりました。クラスの成績も総合1位ということで忘れられない体育祭となりました。】