松高日誌

2011年7月の記事一覧

インターハイ速報(ソフトテニス部)

1回戦からの出場のペア
永田・浅見ペア 4−1で 熊本・熊本中央高校に勝利
矢島・田中ペア 4−1で 香川・高瀬高校に勝利
 
2回戦からの出場のペア
井山・福嶋ペア 4−3で 広島・神辺旭高校に勝利 
飯田・加藤ペア 4−2で 三重・三重高校に勝利
 
4ペアとも1試合目を勝利しました。(14時30分時点)

親子理科教室 地学編


 
山本颯也君(川越市・名細中出身)のコメント
【どうも、地学部です。僕たちは主に地質や化石の研究をしたり、冬には屋上の天体ドームを使って天体観測などを行っています。今回の親子理科教室では石膏を使った化石のレプリカ作りを行いました。参加された方は皆、先生の話に興味津々でした。実際のレプリカ作りでは終始、笑顔と笑い声が絶えませんでした。また、作ったレプリカに色を塗る作業では、思い思いの色を楽しそうに塗っていました。そのお手伝いをしていた僕たちは非常に忙しかったですが、不思議と楽しかったです。次の機会があれば、またやってみたいです。
 
《児童の感想》
わたしはアンモナイトは見た事があるけど、三葉虫は名前しか知らなかったので、どういう生き物なのか、とても気になっていました。だから今日がすごく楽しみでした。最初に、石膏を水にとかす時は、量がよくわからなくて不安でした。まぜていたら思っていたよりもさらさらしていたので、失敗したのかとびっくりしました。でも、お兄さんに平気と言われたので、ホッとしました。わたしは色ぬりやデザインは得意なのでワクワクしました。カメラマンさんにうまいと言ってもらえたので、とてもうれしかったです。また、わからなかった三葉虫の事もよくわかりました。今日は、すごく楽しい一日でした。また、化石のレプリカを作れる機会があれば、また来て作りたいと思いました。ありがとうございました。
《保護者の感想》
今年で3回目の参加になります。毎年違うクラスに参加させていただき、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。夏休み早々の開催で、準備等大変だったことと思いますが、どのクラブの生徒さんもとても感じが良く、「さすが松高生!!」ですね。残念ながら今年で最後の参加になってしまいますが、これからもぜひ続けていっていただきたいと願っています。松高祭もがんばってくださいね。本当にありがとうございました。

松山第一小にて水泳指導実施

柴生田航輝君(坂戸市・北坂戸中出身)のコメント
【7月22日、25日、26日の三日間、松山第一小学校へ水泳指導のお手伝いに行ってきました。私は、松高塾(補習)があったので最終日にしか行けなかったのですが、初日から比べると子どもたちは泳げるようになったようです。普段は自分の練習をすることが中心で指導をすることがないので、どのように教えればよいのかわからず、最初は戸惑いましたが、自分がスイミングスクールで泳ぎ方を習った頃を思い出しながら指導をしました。人に教える事の難しさを痛感し、また、教えることで自分の泳ぎ方、フォームを見直すことができ、勉強になりました。小学生と関わる事が無いので、水泳部員も楽しく過ごさせてもらい、良い経験になりました。】
 

親子理科教室 物理編


 
松延 慧君(ふじみ野市・福岡中出身)のコメント
【今回の親子理科教室では、特にアクシデントも無くスムーズに進行することができました。最初の実験では、事前によく準備していたので、理科教室に初めて参加する一年生達もよく小学生に教えることができていたようです。特に後輩の竹本君が来校した小学生達と和気藹々と会話していたので、良い雰囲気の中で最初の実験を行うことができました。二番目の実験の前半では、液体窒素の実験が小学生達に大人気でした。小学生をシャボン玉の中に入れる実験も成功し、結果的に親子理科教室は参加者の人達に大いに楽しんでもらえたと思います。】 
 
《児童の感想》
はじめてきて、ひえひえマシーンをつくって、ジュースをひやしたり、ちっそえき・ドライアイスのじっけんをみて、おもしろかった。シャボン玉の中にはいって外をみたら、目のいい人がめがねをかけたみたいだった。シャボン玉でおて玉は、学校でやったことがあるけど、なんどやってもおもしろいと思う。また、らいねんもあったら、ほかのぶんやにいくかもしれないけど、またきたい。
《保護者の感想》
液体窒素の実験は初めての体験で、興味深かったです。冷え冷えマシーンは親子で工作できて楽しかったです。大きなシャボン玉は、初めて入りました。子供が物理に興味を持ってくれたと思います。 

親子理科教室 生物編


 
吉海邦洋君(鶴ヶ島市・南中出身)のコメント
【今日は親子理科教室の中で、教えることの難しさや面白さを経験しました。今まで小学生や保護者の方と一緒に実験することはなかったので、とても緊張しました。また、教えることはとても難しかったのですが、皆さんが楽しそうに実験してくれていたので良かったです。また、今回のように人に説明する機会はこれからも増えていくと思うので、その度にいろいろなことを学んで自分が成長できるよう努力していきたいと思いました。】
 
《児童の感想》
メダカの事やボルボックスの前後アメーバの形やエサの食べ方がよくわかりました。
《保護者の感想》
メダカについて大変勉強になりました。メダカの種類によって持つ色素の違いや、心臓の動き、顕微鏡をのぞいて、メダカをたくさん知る事ができました。子供の頃、ミジンコなどは勉強しましたが、大人になってまた楽しく知る事ができました。生物部の皆さんも、聞く質問にすべてわかりやすく教えてくださってありがとうございました。楽しかったです。

軽音楽部おおい祭り出演

引間悠佑君(寄居町・寄居中出身)のコメント
【7月23日に、ふじみ野市のおおい祭りの青年バンドというイベントに出演してきました。青年バンドステージでは、松山高校、大井高校、福岡高校の三校の軽音楽部員が合同で、会場準備やバンドステージの運営を行いながら、バンド演奏をしてきました。このイベントは例年2年生しか出場しないのですが、今年は2年生が5人しかいないので、3年生に出演していただきました。おおい祭りを盛り上げるのに貢献できて良かったです。また、自分達の部活は、他校の軽音楽部とふれあう機会がほとんどないので、その点でも良い経験ができたと思います。】