松高日誌

2011年6月の記事一覧

家庭基礎 調理実習

茂木一樹君(熊谷市・妻沼東中出身)のコメント
【私は松山高校に入学してから初めて家庭科で調理実習を行いました。家庭科の先生から、中学校の時に習ったことの復習のように、「包丁の使い方」や「調理器具の使い方」を学びました。最初は、「キュウリのごま和え」。簡単に作れると思いましたが、久しぶりの包丁でなかなか上手に切れませんでした。ですが、もう一つ作った「マドレーヌ」は、とてもおいしく作れました。僕は、この実験を受けて一つ思ったことがあります。それは、料理を作ってくれる人がいるということです。これからは、もっと感謝の気持ちをもって食べたいと思いました。】