松高日誌

2011年1月の記事一覧

立志講演会


1月19日、東京大学名誉教授の浅島誠先生をお迎えして立志講演会が行われました。
 
高地涼平君(理数科 1年 小川町・欅台中出身)のコメント
【私は今回の立志講演会で「継続は力なり」をあらためて感じました。話を聞いていると、他の教授などに反対されて、それでも自分のやりたい研究を行うために海外で何年か研究し、日本に戻ってからも一人で毎日諦めず取り組んだ結果、大きな発見に至ったと分かりました。このように、反対されても諦めず、続けることが生物分野だけでなく、大学の研究や他のことにも大切になると思います。私も理系の大学に進学したいと考えているので、大学で研究をする時は、今回の話を思い出し、粘り強くやりたいです。最後に今回はとても素晴らしい先生のお話を聞くことができて、充実した講演会になったと思います。】
 
中里晋一郎君(2年 川島町・川島中出身)のコメント
【東京大学名誉教授である浅島誠先生は生物の授業で使っている資料集にも名前が載っている人であり、どんな話が聞けるかと楽しみでした。先生は今でこそたくさんの賞をもらっていますが、それまでにはたくさんの苦労をしたということや、ご自身の研究についても話してくださいました。この講演を聴いて、理科に対する興味が湧き、さらに最後まで諦めず事を成し遂げることの大切さを知りました。】