松高日誌

【SSH】埼玉大学出張講義

8月22日 理数科特進合宿中に、埼玉大学の小林哲也先生を講師にお招きして理数科1年生を対象に生物講義を実施しました。

 

小林先生は、本校のSSH運営指導委員でもあります。

 

講義のタイトルは「ホルモンとは何モン? ~生命をあやつる不思議な分子~」です。

ホルモンって何?焼肉?と思うかもしれませんが、実は、私たちが生きている中で数多くのことがホルモンで制御されているのです。

大学の講義さながらの難しい内容もありましたが、カエルの変態や性分化、ドーピングなど身近な話題に生徒は興味深そうに耳を傾けていました。 

 

 

 

生徒の感想 石野塔和 川越市立霞ヶ関東中学校出身

埼玉大学の小林教授からホルモンについて講演していただきました。

ホルモンという言葉は普段聞いたことがあるが、どのようなものか知らなかったので改めて知ることが出来て良かったと思いました。少し内容が理解しづらい所もあったけれども、大学で学ぶことについて知ることが出来ました。また、大学の教授がどんな感じで説明するかなど大学についても知ることができたので良かったです。