特進クラス記録

【2年特進クラス】No.30 文化祭

 2年1組では昨年度に続き射的と、今年はそれにプラスして輪投げを企画で行いました。

 昨年度は校内公開であったため、一般公開で迎える初めての文化祭となりました。 

 

 2日目のお昼まで、来場者の方の人気投票で1〜3年生のクラスの中では1位でした。最後はさすがは3年生の追い上げで1位ではなかったようですが(公式順位は文化部等を含む参加団体の6位以下は公表されていません)、それでも、昨年度の校内公開の全体2位に続き、生徒はよく頑張っていたと思います。

 また、特進クラスでは、各部部長・副部長や生徒会の生徒なども在籍しています。文化祭では、クラス企画に大きくは関われなかったものの、各団体で活躍している姿をたくさんみかけました。

ー生徒の感想【鈴木 雄貴(三芳町立藤久保中 出身)】ー

 9月3〜4日に松山高校では久しぶりの一般公開での松高祭が開かれました。2年1組は去年と同じように「一射入魂射的屋」という射的屋を行い、また私が所属する山岳部では、今までに登った山の紹介や道具の展示などを行いました。当日は来場者がたくさん来て、学校全体が大いに、にぎわいました。

 来年は、今年の反省をふまえて、今年以上にクオリティーが上がるでしょう。

 皆さんぜひ足を運んでみてくください。

ー生徒の感想【市川 涼(小川町立東中 出身)】ー

 昨年度の文化祭はコロナ禍により校内公開。今年度もそうなるかと思われたが、各校の生徒の署名により、なんとか一般公開に漕ぎ着くことができた。

 今回の松高祭で、外から客を招いたことにより、昨年度に比べ裏方の苦労を身に沁みて感じた。ただ、その分やり遂げた時の達成感も大きかった。

 来年度は、今年度の反省点を吟味し、最高の文化祭にしたいと思う。

ー生徒の感想【石黒 達也(川島町立西中 出身)「生徒会特設ステージ主担当」】ー

 今年の松高祭で僕は特別ステージの運営をしていくにあたって様々な困難やトラブルに見舞われました。仕事内容を把握できていない。企画内容を上手に考えられなかったり、ミスをしたり いろいろ大変だったけど本番当日では成功に近い形で運営をすることが出来ました。今回の松高祭で学べたことが多くあります。来年の松高祭りでは、学んだことを発揮して、今年のを超えられる松高祭にしてほしいです。

 以下は文化祭の「装飾について」の生徒が上げた来年への課題です。松高祭は1年生のクラス以外は「有志団体」として出ることになっているので、生徒が「やる・やらない」は来年選択することになりますが、やることになれば3年間で一番の内容にしてほしいですね!

・カラーセロハンで照明を変える ・景品にもっとお金をかける ・外の装飾を増す ・長机をしまう ・外に構造物を作る

・やる企画に合わせて装飾や景品を買う ・教室の後ろを何かで隠す ・もっと派手な装飾にする 

・段ボールや紙コップが丸見えだったので、 色を塗ったり紙を貼ったり ・荷物置きを作る ・廊下に門を立てる

・看板を作っておき持って歩く ・既製品の装飾でなく手作りのものを取り入れる ・出入口をもっと飾り付ける

・教室の中はもちろん、外にもっと派手な装飾をする ・後ろをカーテンみたいなもので隠す

・廊下にお店への矢印などを書く ・大賞は良いものを選ぶ ・廊下が通りにくかったのでスペースをとる

・ 景品の参加賞を業務スーパーなどでティッシュなど実用的なものに する ・景品を廊下からもっと見やすくする

・床にお店への誘導を付ける ・景品を多めに用意する ・ドアを外し入り口を広くする

・内装の作成もみんなでやる ・係り分担をもっときちんときめる ・みんなでやる(少ないとアイディア不足になる)

・友達の女子に景品が微妙と言われた ・もっと教室装飾があってもいい ・コルクの回収をしやすくする

・教室の外壁、周りも明るく楽しそうな雰囲気にする。 ・景品の種類を大人や女子向けにする

・前年と違い、小さな子供、大人、 女性などに向けた景品や参加賞があるとよい ・コルクの回収を簡単に

・小さい子供や女子高生、保護者受けの景品をそろえる ・廊下に目立つたれまくみたいなものがあるといい

・100均でふうせんを買ってたくさん貼る ・女子受けする装飾 ・グループ分けをしっかりと役割分担

・安く入手できないか交渉する ・BGMを流す ・窓に看板をつけるなどする