埼玉県立松山高等学校應援團の記録

「團員の方に花束を」

昨日(2月13日)、顧問の所へ、事務室から来客があるとの内線が入りました。

玄関に向かうと、来校されたその方は手に花束を抱え、お立ちになっています。

何のことだかさっぱりわからなかった私(顧問)はまず事情を聞きました。

 

その方は、長年、私たち應援團が【紫薫の集い】やその他の行事の際にお世話になっている文房具店の方でした。

そのお店は昨年11月に閉店されたとのことです。

閉店される際、團員が今までの感謝を伝えるために、花束を持って伺ったそうです。

そのお礼と「日輪の下に」へのエールの意味で、ご丁寧に、花束を抱えて来校してくださいました。

 

地域の方に愛され、支えられていることを、團員共々あらためて感じた次第です。

観に来られない方々の分まで、本番では、精一杯演技してきたいと思います。

 

應援團の応援、引き続きよろしくお願いします!!!