剣道部ログ

インターハイ予選(個人戦)結果報告

5月31日(月)埼玉県立武道館にて、令和3年度 全国高等学校総合体育大会県予選会男女個人戦が開催されました。

上位2名に与えられる全国大会(インターハイ)出場権を賭け、各校の代表選手による熱戦が繰り広げられました。

本校からは関東大会県予選会ベスト4のシード選手を含め3名の選手が出場しました。

 

その中の1人、2年生の荒井大輝(北本中)は序盤から持ち前の粘り強さを発揮し、安定した試合運びで勝ち上がりました。関東予選で上位進出したシード選手との対戦もありましたが、8試合を勝ち抜き、決勝戦に進出。決勝では惜しくも敗れはしましたが、準優勝となり見事、インターハイ出場を決めました!

(個人としては15年ぶりのインターハイ出場)

 

           ~試合の様子~

 

「苦しい場面でも逃げない。常に勝負する攻撃型剣道を目指そう」

稽古で部員にそう指導してきました。それを体現し、目標である全国大会出場を達成してくれました!

 

新型コロナウイルスの影響で、県立学校は部活動ができない、或いは制限される期間が長く、本当に大変でしたが、荒井含め全ての部員が弱音や不満を口にせず、前を向いて努力し続けた結果だと感じています。

また、保護者の皆様やOB会の皆様、支えてくださった全ての皆様のおかげで、このような結果を残すことができました。本当にありがとうございました!

 

インターハイは8月9日~12日 石川県金沢市 いしかわ総合スポーツセンターにて開催されます。

 

インターハイ本大会でも、埼玉県の代表として正々堂々と戦い、上位進出目指して頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。