卓球部ログ

令和3年度北部支部卓球大会

9月28日(火)、9月29日(水)にくまがやドーム体育館にて行われた北部支部卓球大会の結果を報告します。

個人戦:段田琉惺君 ベスト16  湯本吉毅君 ベスト16

学校対抗(団体戦):ベスト8

今大会はコロナ禍における人数制限があり、各校10名の参加となりました。

本校で参加した生徒のうち、上位に残れたのは上記の2名ですが、各自が練習の成果を発揮し、シード選手を破るなどの活躍が見られました。また、上記の2名も対戦相手はどちらもベスト4に残る強敵を相手に善戦していました。皆それぞれに悔しい思いを持ち、次の新人大会へまた練習に励みます。

学校対抗では、前回優勝の本庄第一高校と3回戦であたる厳しい組み合わせとなってしまいました。初戦、2回戦と勝ち上がりましたが本庄第一との試合では3-1で敗退してしまいました。しかし、選手たちは強豪相手にも最後まであきらめず戦い続けました。団体戦はチーム松山高校卓球部として部員全員の思いを胸に戦います。次回は少しでも上に勝ち上がれるよう、部員全員で気持ちを高めています。