図書館日誌

芸術鑑賞会関連コーナー②

公演後、演者様方から色紙を頂戴しました!

  

演目に関する本と一緒に飾らせていただきました。

ありがとうございました。

右側の写真に写っている林家けい木さんは、松山高校の卒業生でいらっしゃいます。

松高愛のたっぷりつまった高座でした。

けい木さんが紹介されている新聞記事も一緒に展示していますので、ぜひご覧ください。

 

以下、生徒の感想から、一部抜粋します。熱い感想がたくさん寄せられました。

 

 「落語がこんなに面白いものだと思わなかったです。とても情景描写が分かりやすかったです」

 「勉強のストレスが吹っ飛びました!」

 「松高OBが活躍されていて、力をもらいました」

 「うどんを食べている場面の音には、うっかり美味しそうと思う時もあって感激した」

 「あごの上で櫓を組み立てたり、茶碗を振り回したりハラハラした展開が多くて楽しかったです」

 「死神のオチが想像してたものと違って面白かった。ただ面白いだけじゃない落語も良いと思いました」

 「大人になったら自分でも観に行きたいなと感じました」