松高吹 活動報告

№189 高文連春季講習会に参加

高文連吹奏楽専門部オンライン春季講習会参加

講習会の様子

令和3年3月26日(金)、埼玉県高等学校文化連盟(高文連)吹奏楽専門部主催の「春季講習会」に参加しました。

この講習会は毎年年度末に行われ、新入生の勧誘や歓迎について情報交換を行うものです。松山高校からは新部長・副部長など4名が参加しました。

4月になり、新入生を迎えます。同時に部活動勧誘などが始まります。多くの新入生に吹奏楽部をアピールして入ってもらうにはどうしたら良いかを検討しています。

今回は新型コロナウイルス感染症の影響で、Zoomを使ったオンライン形式での開催となりました。
本校はchromebookが配備されているため、オンラインイベントにも参加しやすい環境が整っています。

講習会ではブレイクアウトセッションを用いて、少人数でのロールプレイによるグループワークも行いました。仮想の学校の勧誘計画について、資料をもとに「役」を決めて検討してもらいました。

資料

生徒同士はほぼ初対面でしたが、「新入生に一人でも多く入部してほしい」という共通の思いのもと、積極的に発言をしていました。
講師を務めた副部会長の先生からは「新入生勧誘をイベント化すること」「義務感をなくす」などのアドバイスをいただきました。

いよいよ新年度が迫ってきました。部員たちは何やらいろいろなことを準備しているようです。
新入生の皆さん、ぜひ吹奏楽部への入部をお待ちしています!