脂肪族炭化水素の性質

化学  6/18 (火)  ①限
  
△ヘキサンとシクロヘキセンを少量取り、点火する。(左:ヘキサン 右:シクロヘキセン)
  
△ヘキサンとシクロヘキセンに臭素水を加える。(左:ヘキサン 右:シクロヘキセン)
 
△ヘキサンとシクロヘキセンに硫酸酸性過マンガン酸カリウムを加える。(左:シクロヘキセン 右:ヘキサン)
 
△アセチレンを発生させ、三本の試験管に捕集する。
  
△三本のアセチレンそれぞれに点火(左写真)、臭素水を加える(中写真)、硫酸酸性過マンガン酸カリウムを加える(右写真)。
生徒の感想  (3年7組  田中雄貴  ときがわ町立都幾川中学校出身)
今回は、炭素の含有率の差によって、燃焼の際や、臭素や硫酸酸性過マンガン酸カリウムを加えた際に、どのような差が生まれるかを実験した。最初は、ヘキサンとシクロヘキセン、アセチレンを燃焼させた。三重結合のあるアセチレンから最も多くのすすがでて、ヘキサンからは全くでなかった。次に、それら三つに臭素水を加えた。すると、ヘキサンは臭素水の色が残り黄色かったが、シクロヘキセンは臭素水の色が消え無色になった。アセチレンは三重結合があるので無色になると思ったが、薄い黄色になった。これは、アセチレンの捕集が不十分で、臭素水と十分に結合する量がなかったためであると思う。硫酸酸性過マンガン酸カリウムも、臭素水との反応と同様の理屈であると思う。構造式によって、炭素の量が同じでも反応に差があることが、面白かった。