酸化・還元と金属のイオン化列

化学基礎  1/31 (水)  ⑤限
       
生徒の感想  (2年6組  根岸聖斗  東松山市立東中学校出身)
今回の実験は金属のイオン化傾向と、酸化剤・還元剤の反応、金属間の電位差を測定するというものだった。金属のイオン化傾向を調べる実験では銅線を硝酸銀水溶液に、亜鉛を酢酸鉛水溶液に入れた。最初は変化がなく失敗したのかと不安になったが、時間がたつにつれて銅線と亜鉛の周りにそれぞれの金属樹が出来はじめた。資料集に乗っているような大きく、きれいなものはできなかったので残念だった。他の金属ではどのような金属樹が出来るのか気になったので、別の金属を用いてまた実験してみたい。