アルコールの蒸留

化学基礎  4/25 (水)  ①限
  
△蒸留装置を組み立て、赤ワインを蒸留。
  
△留出液・枝付きフラスコに残った残液・赤ワイン原液を比較(留出液には火が付いた!)
 
△ヨウ素の昇華(右)とクロマトグラフィー(左)
生徒の感想  (2年  特進  坂本駿  日高市立高麗川中学校出身)
 ワインからアルコールを取り出す実験をしました。枝付きフラスコにワインを入れ、それを熱して発生した蒸気をリービッヒ冷却器に通したら、アルコールだけが溜まりました。残液は、アルコールのにおいが弱く、火もつきませんでしたが、留出液は、アルコールのにおいが強く、火をつけたら燃えました。中学校の時も似た様な実験をした事がありましたが、かなり簡単な方法でワインからアルコールをとることができたのですごいと思いました。