顕微鏡の扱い方

生物基礎  6/21 (金)  ③限
    
生徒の感想  (1年3組  荒木大河  坂戸市立千代田中学校出身)
 この授業では光学顕微鏡を使って、スギナ、俗に言うツクシの胞子の観察を行った。胞子の本体、そして本体についている弾糸と呼ばれる部分を観察し、スケッチをした。また弱く息を吹きかけた際の変化を観察した。
 今回は光学顕微鏡の使い方と並行した授業だったため、不慣れで細かく観察できなかった。だが、初めて光学顕微鏡に触れたこと、初めて本物の植物の胞子を観察したこと、初めて存在も知らなかった弾糸を確認したことなど、実りの多い授業だったといえる。これからの観察でも、自分の知らない世界を、自分で発見してみたい。