ブタの腎臓の観察

理数生物  10/12 (木)  ⑥限
   
      
生徒の感想  (1年 理数科  上原純  東松山市立松山中学校出身)
今回は、ブタの腎臓の観察をしました。この実験では、腎臓の構造と実際の大きさを確認するとともに、肉眼では見ることのできない糸球体を顕微鏡の低倍率で観察し、スケッチしました。
腎動脈に墨汁を注入したら腎臓全体が膨らみ、表面がポツポツと黒ずんだことから、腎動脈と糸球体はつながっていて、物質を運んでいることが確認できました。
今回の実験を通して、腎臓のような精密な臓器によって支えられていることを再確認できました。