ヤングの実験

理数物理  1/17 (水)  ③限
   
生徒の感想  (2年  理数科  鈴木晴馬  ふじみ野市立福岡中学校出身)
今回の実験はレーザー光を複スリットに通した時にできる干渉縞の間隔を測定することにより、レーザー光の波長を測定するものです。また、単スリットに通したときにも干渉縞が観察できるため、その間隔も測定しました。
この実験を行って、1000分の1㎜程の長さもない光の波長を干渉縞の間隔やスクリーンとスリットの距離を測ることでわかってしまうということがとてもおもしろいと思いました。また、このような実験を思いついた昔の人はすごいと思いました。