金属イオンの系統分離

理数化学 11/9  ⑤⑥限
実験書をもとに班で話し合って、様々な操作を経て未知試料内の金属陽イオンを推測しました。
     
   

        キップの装置
生徒の感想  (3年 理数科  今田将瑚  東松山市立松山中学校出身)
今回の実験は6種類の金属イオンを分離する実験だった。しかし、銅イオンCu2+に硫化水素H2Sを反応させてもすべての銅イオンが硫化銅CuSにならなかったため最後の結果が班ごとに少し異なった。2時間かけた実験だったが、もっと丁寧に硫化水素を銅イオンと反応させればよかったと反省している。キップの装置を用いて硫化水素を発生させたため、個人的には教科書に出てきた装置を間近に見ることができて嬉しかった。大学に入学したら特定の金属イオンだけでなく、自然から採取した水の金属イオンを分離し、将来的にはカドミウムや六価クロムなどを分離する研究を行いたいと考えている。