アルコールとアルデヒド、エステル

化学 6/29(月) ②限
  
生徒の感想(3年 普通科 柿沼開人 ときがわ町立都幾川中学校出身)
今回、アルコールとアルデヒドの性質を調べる実験を行いました。エタノールやホルマリンなどを使い化学変化させ、臭いの変化や色の変化などを観察しました。特に、銀鏡反応の実験では、試験管に銀が析出する、とても美しい反応が見られました。また、エステル化反応では、ともに刺激臭のあるエタノールと酢酸を混合することで、まるで果物のような臭いが発生し、反応の前後の臭いの違いに驚かされました。今度はメタノールの酸化の実験で発生した、ホルムアルデヒドの有する発がん性について調べてみたいと思います。