アルコール発酵

生物  6/5 (火)  ①限
  
生徒の感想  (3年6組  小河原瞬  ふじみ野市立大井西中学校出身)
 この実験では、酵母菌を用いて酸素がないときに行うアルコール発酵について調べた。グルコース溶液と水、それぞれに酵母とメチレンブルー溶液を入れ2種類の混合液A、Bを作った。混合液A・Bを40℃に温めて生じる色の変化や、発生する気体の量を調べた。さらに、グルコース溶液の混合液に水酸化ナトリウム溶液を入れると体積が減少した。このことから発生した気体が二酸化炭素だと分かった。
 この実験をして、たった20分間で多くの二酸化炭素を排出していることに驚いた。また発酵の過程を目にすることで理解しやすくなり、また酵母が生きていることを改めて感じた。