光合成色素の分離実験

生物  6/5 (水)  ⑤限
  
△乳鉢の中にはある植物の粉が入っている(植物は班によって違う)。アセトンを加え色素を抽出する。
  
△TLCシートに抽出した色素をスポットする。
   
  
△展開溶媒を入れたびんに慎重にTLCシートを入れる。展開溶媒が染み込むにつれて色素が分離してくる。
 展開溶媒が所定の位置まで上がったらシートを取り出す。
  
△色素の移動した距離などを測りRf値を計算し、色調やRf値から光合成色素を同定する。光合成色素から試料の植物を推定する。
生徒の感想  (3年6組  東小薗悠希  川越市立初雁中学校出身)
 複数の植物の光合成色素を分離することで、植物の種類と光合成色素について探究する実験を行った。その過程で、光合成色素を分離する方法として薄層クロマトグラフィー(TLC)を使って色素を分離した。この手法を用いて実験を行ったことは初めてだったが、班員と協力して成功させることができた。展開溶媒につけた際の色素の現れ方が、自分の予想よりもはっきりとしていたので驚いた。今後もこのような新しい方法を使った実験に取り組んでみたいと感じた。