ミクロメーターの使い方

生物基礎  6/26 (水)  ②限
    
生徒の感想  (1年4組  佐藤千駿  滑川町立滑川中学校出身)
 今回の実験は主に2種類で、接眼ミクロメーターの1目盛りの大きさを対物ミクロメーターを使い計算するものと、自分の毛髪の太さを顕微鏡で接眼ミクロメーターを使い、150倍と600倍で検鏡して求めるものでした。
 ミクロメーターの大きさを調べたときは、例題で少し計算をして慣れてから実践に移ったので、スラスラ解けるようになりました。
 毛髪を調べたときはカバーガラスが使い捨てだということに驚きました。中学ではそうではなっかったので。
 まだ高校での実験は2回目ですが、設備がかなり良く環境も良いので、これからが楽しみです。